ゴルフ初心者も知っておきたい!ゴルフで重要なグリーン【芝】の種類と速さの目安!

松山英樹が日本人として初めてメジャーのマスターズで優勝したときは、興奮と感動を覚えました。「ガラスのグリーン」と呼ばれるオーガスタの超高速グリーンでのパッティングは、観ていてもハラハラしたと思います。プロの世界では「パット・イズ・マネー」とも言われており、ゴルフのスコアはパット数で大きく変わります。初心者の方もグリーンの芝の種類や、種類の違いでボールの転がる速さが違うことを知識として覚えておくことは大切です。芝の種類や速さの目安など、グリーンについて説明したいと思います。

芝の種類と芝目について

日本のゴルフ場で使われているグリーンの芝は、大きく分けると2種類あります。1つ目は和芝と呼ばれる高麗芝で、冬になると茶色に枯れてしまいます。2つ目は冬でも青々としていますが、夏の暑さに弱いベント芝です。まずはこの二種類の芝生の違いや特性を説明します。

高麗芝

そもそも日本に自生していた芝なので、高温多湿の日本の風土に良く合っており、暑さや乾燥に強く、病気にかかりにくい芝生です。広くて強い芝の葉は、ボールの転がり方にも影響を与えます。下りの傾斜でも芝目の抵抗でボールが減速したり、フックラインでもスライスしたりします。短い距離でも、しっかりとパッティングしないと、カップ前でボールが曲がったり、止まったりします。プレー当日の芝状態でボールの転がりが大きく変わってくるのがこのグリーンです。

ベント芝

西洋に生息していたベント芝は寒冷地に強く暑さに弱い芝でした。品種改良を重ねた結果、現在では日本のほとんどのゴルフ場でこのグリーンが採用されています。オーガスタの「ガラスのグリーン」もベント芝が敷かれています。ベント芝は伸びるのが早いので管理は大変ですが、1年中美しい緑色をキープしてくれます。芝の葉が細くて柔らかいので、高麗芝のような芝によるボールの転がり方に影響を受けることはあまりありません。グリーンの傾斜を読んで、正確なストロークができれば狙い通りに転がってくれます。

芝目とは?

基本的に芝が育って伸びる時は同じ方向を向き、芝の葉先が向いている方向を芝目といいます。ボールを転がす方向に向いている芝目を「順目」、その反対と「逆目」と呼んでいます。順目ではボールが転がりやすくなるので下り傾斜のパッティングは慎重なストロークが求められます。触れただけでもカップオーバーしてしまい、ファーストパットより残り距離が長くなる場合もあるくらいです。反対に逆目はボールの回転を止めてしまいますので、強めに打たなければいけません。このように同じ距離でも、順目と逆目ではボールの転がり方が違ってくるので、芝目による転がり具合と傾斜による曲がり具合を計算してパッティングをすることが必要です。パターは打ち方も大切ですが、芝や芝目の違いを理解したうえでパッティングをしなければいけません。

グリーンの速さについて

ゴルフ場のマスター室前に「本日のグリーンコンディション 速さ8フィート 刈り高4mm」と書いたボード見たことがあると思います。これはグリーンの速さを表しており、数値が大きいほど速いグリーンで、刈り高が短いほどスピードは速くなります。一般的に8~9フィートぐらいが平均的な速さで、10フィートを超えるとかなり速いと感じ、7.5フィート以下では遅いと感じます。グリーンの速さはスティンプメーターと呼ばれる計測器で測ります。スティンプメーターは90cmほど(3フィート)の長さの棒のようなもので、レールのような形状をしています。
スティンプメーター端から15cmくらいのところに穴があり、ボールが置けるようになっていて、滑り台にように持ち上げると、20度くらいの角度でボールが転がり出します。このボールがグリーン上を転がった距離をフィート単位で、本日のグリーンコンディションに掲載しています。ゴルフ界ではゴルフ発祥の英国の長さの単位であるフィートを国際基準にしています。
ちなみに1フィートは30.48センチなので、約30センチと覚えておけば良いでしょう。実際には振り幅や打った感覚で距離感をつかむので、あまり単位を気にする必要はありません。

練習グリーンでその日のコンディションを確認しましょう

ゴルフ場によって場所は違いますが、クラブハウス周辺やティイングエリア周辺に練習グリーンが設けられています。練習グリーンはパットの練習よりも、その日のグリーンの速さを体感してパットのフィーリングをつかむためにあります。初心者の方もスタート前にこの練習グリーンを使用して、ボールの転がり具合を確認するようにしましょう。基本的に18ホールすべてのグリーンが、この練習グリーンと同じ速さに仕上げられています。注意して欲しいのは、スタート前に雨や朝露で練習グリーンが濡れていると、ボールが転がりにくいことがあります。この場合はコースのグリーンも初めは同じ状態ですが、日が昇って天候が良くなるとグリーンが乾いて、午前より午後の方が転がりやすくなります。つまり午前と午後ではボールのスピードが速くなったり、遅くなったりするこということを覚えておきましょう。練習グリーンで使用するボールは2、3個程度にしましょう。多くの人が転がるスピードをチェックする場所なので、たくさんのボールを使用することは他の人に迷惑でマナーに反する練習です。

パッティングも大切ですがグリーンを読む技術も必要です

グリーンの読み方

グリーンの芝の種類と芝目、グリーンのスピードについて説明してきました。これらを踏まえて、2パット以内でカップインする為には、グリーンを読む技術が必要になります。
グリーンを読むとは、芝目の向きでボールのスピードがどれくらいになるか、傾斜によりスライスやフックでどれくらいボールが曲がるかなどを検討することです。まずグリーン全体の形と構造を見てください。グリーンに上がってからでは全体を見ることができないので、グリーンオンしたらグリーンまで歩いて行き、グリーン全体の高低差と傾斜をチェックするようにしましょう。そしてボールの位置がカップに向けて登っているか下っているかを確認することが大切です。ボールとカップのラインを見るときは、低い位置から高い位置に向けて確認しましょう。
また小さな傾斜は腰を低くしてしゃがんで見た方が見やすくなります。

芝目は地形に影響を受けます

ゴルフコースの芝は山や川、海の影響を受けて葉先の伸びる方向が変わるので、それらの位置を確認することも重要です。海沿いや山などの影響でいつも同じ方向から風が吹くゴルフ場では、風下に葉先が向かう傾向にあります。富士山周辺のゴルフ場は、富士山からは順目になり、富士山に向かうと逆目になります。このようにゴルフ場の地形も確認して芝目を読む必要があります。

利き目を知っておきましょう

ところで人間には利き腕があるように、利き目も存在します。利き目を知るとラインが読みやすくなり、パッティングもスムーズになります。利き目の調べ方は、親指と人差し指でOKマークの丸を作って、その中に目印となる物が収まるように合わせます。丸の中の目印を見たまま右目を閉じて次に左目を閉じて、これを交互に繰り返すと目印がズレて見える目があります。目印のズレない目の方が利き目で、ラインを読む際はこの利き目で見た方が良く見えます。

まとめ

ドライバーの230ヤードもパターの50センチも、同じ1打に変わりませんので、初心者の方はパットが上手くなると、想像以上にスコアが良くなります。ここで紹介した内容を覚えて、実践していただければパット数は少なくなりスコアは向上します。ぜひ次回のラウンドで試してみてください。

1人でこっそり上手くなる!  ゴルフ練習ノート (MP GOLF BOOKS)

1人でこっそり上手くなる! ゴルフ練習ノート (MP GOLF BOOKS)

ゴルフスコアアップ研究会
1,518円(06/26 19:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

\ この記事の感想を教えてください /