ゴルフ初心者必読!ゴルフ基本中の基本の話!誰も教えてくれない!アウトコースとインコースとは?(フロント9とバック9)

ゴルフ場の18ホールはなぜ「アウト」と「イン」に分かれているのかとか、フロント9とバック9とどこが違うかなど、一度は思ったことがあるのではないでしょうか。ゴルフ用語は同じような意味のものや、ゴルフの歴史からできたものもあります。これらをうんちくとして覚えておくのも楽しいもです。

アウトインの由来とは

コースを「アウト」、「イン」と分けて呼ぶ由来はゴルフ発祥の地とされるスコットランドのリンクスコースの設計にあります。スコットランド・ファイフのセント・アンドルーズに所在するセント・アンドリュースオールドコースは、ゴルフの聖地と呼ばれる全英オープン、全英女子オープンも開催された世界最古のゴルフ場です。これらの古いタイプのリンクスコースは、海岸沿いに各ホールが直線的につながったレイアウトで設計されています。クラブハウスを出て(アウト)9番ホールまで真っすぐプレーをして、10番ホールで折り返して、クラブハウスに戻ります(イン)。これのプレーに出るto play out、戻ってくるto play backinが「アウト」「イン」の語源になっています。お国柄か初期のゴルフルールには、「かならずベット(賭け)をすること」となっており、マッチ・プレイでは賭けを楽しむのが英国流だったようです。賭けの程度は1杯のビールやスコッチで、その日のラウンドをゴルフ場や近くのパブで語らったようです。アメリカに渡ったゴルフは、プレーヤーにもゴルフ場にもメリットがあるように、アウトからでもインからでもスタートができるゴルフ場を設計するようになります。アウト、インでの2コースからスタートができれば、2倍の人がプレーできるようになり、プレーヤーにとっても便利である一方で、ゴルフ場にとっても経営の面で大きなメリットがあります。
日本のゴルフ場のほとんどが、この考え方でゴルフ場を造成しています。現在ではこの9ホールのプレー終了時点で、クラブハウスに戻ってこられる設計スタイルが世界で定着していますが、伝統的な呼び名として「アウト」、「イン」をコースの呼称としています。

フロントナインとバックナイン

競技ゴルフは18ホールで競い合い、前半にプレーする9つのホールをフロントナインと呼び、後半の9ホールをバックナインと呼びます。アウトからでもインからでもスタートができるゴルフ場がスタンダードになった現在では、すべてのスタートが1番ホールからスタートすることはありません。10番ホールからスタートすることもありますが、アウト、インの由来で説明したように、先にスタートしていたアウトコースのことをフロントナイン、クラブハウスに戻るインコースのことをとバックナイン呼ぶこともあります。

フロントナインは、フロントサイド、ファーストナインまたはアウターナインとも呼ばれ、バックナインは、バックサイド、セカンドナイン、またはインナーナインとも呼ばれています。ゴルフは18ホールの合計のスコアで順位が決まるので、フロントナインが良くてもバックナインが悪ければ勝負に勝つことができません。体力的にバックナインは疲れがプレーに出やすく、特に上がりの3ホールはフィニッシュが崩れがちになるので注意が必要です。プロゴルファーのなかにはフロントナインとバックナインに分けて作戦や戦略を考えたりしています。ゴルフ初心者が気を付けなければならないことは、フロントナインのミスやスコアをバックナインに引きずらないことです。日本のゴルフ場ではフロントナインとバックナインの間に休憩が挟まれるので、食事を摂りながら気持ちを切り替えて、バックナインに挑みましょう。ちなみに海外では休憩を挟むことなくプレーすることが一般的で、日本ではこれを「スループレー」と呼んでいます。

アウトコースとインコースの違い

ゴルフ場はその地形を上手く活用して造成しており、所在地の地形から山岳コース、丘陵コース、シーサイドコースなどに区分されています。自然地形を活かしているため、傾斜のきついホールや、なだらかなホールで全体が造成されているため、アウトコースとインコースの雰囲気がまったく違うということはありません。コース設計者はプレーヤーにゴルフを戦略的に楽しんでもらうため、地形に合わせたデザインや障害物、ハザードの配置を設計して複数の攻め方ができるようにしています。そうした設計者の狙いを考えながらプレーするのも楽しいもので、名設計者が監修したゴルフ場を攻略した時は、スコア以上の喜びを感じるかもしれません。

ゴルフ場の予約は、できればアウトコースからスタートする方が良いでしょう。ゴルフ場はアウトコースから設計を始めインコースに移っていくので、コース全体の攻略のストーリーは1番ホールから始まり18番ホールで完成します。設計者が考えたストーリーを攻略するには、やはりアウトコース1番ホールのプロローグからスタートして、インコース最終18ホールでエピローグを迎えた方がよりコースを楽しむことができます。1番ホールは朝イチで緊張しているので、フェアウェイを広めにして、OBとならないよう優しく設計する設計者もいます。ショートホールは、長いパー3と正確なショットが要求される短めのパー3で長短合わせて楽しめるようにしたり、最終18番パー5ではグリーン前の花道を広く開けて、果敢に2オンを狙うようにプレーヤーを誘ったりもしています。設計者は地形を考えたうえで、コースの全体が一つのストーリーとなるように思いを込めて設計しています。スコアを伸ばすには自分のスキルを伸ばすことも大切ですが、設計者の気持ちになってコース戦略を立てることも大切です。

レイアウト戦略

ゴルフ場全体はその地形を上手く活用して造成していますが、コースレイアウトは設計者が意図的にコースを難しくしています。もしコースにバンカーや池などのハザードが一つもなかったら、スコアは良くなりますが、戦略性に乏しく面白くなくなります。池、ラフ、そして傾斜や林など、自然物と設計者が作った罠の数々が、行く手を阻み攻略を難しくしています。ハザードはプレーヤーの邪魔しているように見えますが、実は計算された設計者の挑戦状であり、それらを攻略することもゴルフの楽しみのひとつです。ハザード攻略のポイントは1打目の落とし所を考えてティショットを打ち、次の1打考えて今の1打を打つことが大切です。

ゴルフはティイングエリアからグリーンまでを攻めるのではなく、グリーンの形状やピンポジションから逆算して、ティイングエリアで使用するクラブを考えましょう。まず、200ヤード先にフェアウェイを横切るクリークがある場合、ドライバーで200ヤード以上キャリーが出せるのなら、ドライバーを選択すればいいでしょう。ちょうど200ヤードであれば、グリーンまでの残り距離を考えて、得意な距離を打てるクラブでティショットをしましょう。バンカーが苦手でどうしてもバンカーに入れたくなければ、バンカー手前の距離で止まるクラブを使用するか、バンカーと反対側を狙った方が良いでしょう。グリーンオンの1打を考えてクラブ選択をすることがマネジメントです。ティイングエリアに立つと、ハザードの配置が見えますが、グリーンを狙うときにどこから打てばベストかをグリーンから逆算して打つことが大切です。また雨や風など、天候が大きな敵になることがあります。自分の調子が良くても状況に応じたプレーを加味して、打ち方や攻め方を変える必要があります。ゴルフ場によっては設計者によりアウトコースの方が易しく、インコースの方がトリッキーに造られているコースもあります。「アウト」「イン」の由来通りにスタートすると、スコアアップするかもしれません。

日本のゴルフ聖地100

日本のゴルフ聖地100

大塚 和徳
3,080円(06/25 13:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

アウトコースとインコースの違いやコース戦略について説明しました。ゴルフのうんちくは他にもたくさんあり、気になったものは調べてみるといいでしょう。ひも解いてみるとスコアアップのヒントにつながるものに出会えるかもしれません。

はじめてのゴルフルール

はじめてのゴルフルール

小山 混
842円(06/26 01:21時点)
発売日: 2019/08/09
Amazonの情報を掲載しています

\ この記事の感想を教えてください /