【ゴルフ初心者必見】ゴルフカートの操作法とプレー中の停車位置マナーについて解説!

ゴルフを始めたばかりの初心者の方にとって、ラウンドする際のゴルフカートに関して疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。今回は初心者の方に向けてゴルフカートに関して抑えておくべきポイントをお伝えしていきたいと思います。特に接待の時や目上の方とラウンドをする際は、注意するポイントがいくつかある為、そちらも併せてご紹介させていただきます。
もし、キャディーさんをゴルフ場にお願いする場合はキャディーさんが運転・対応してくれるのでそこはキャディーさんにお任せしましょう。

カートの種類

まず、ゴルフカートは大きく分けて3種類あります。

【自走式(手動運転)のカート】
【リモコン式(自動運転)カート】
【ゴルフバッグ積み込み専用の手引きカート】

昔ながらのラウンドスタイルを貫く名門コースや、距離の短いショートコースで使用する場合が多いです。

ゴルフカートを使用するうえで運転免許は必要ありませんが、ほとんどのゴルフ場が運転免許証の提示があります。ラウンドするメンバー全員が運転免許証を持っていない場合は手引きカートを使用する前提でゴルフ場を探すことをおススメします。提示がなしでもゴルフカートを運転できるゴルフ場だったとしても、危険・無謀な運転をするとケガをするだけではなく最悪もっと大きな事故になる可能性もありますので備え付けの「運転上の注意」を読むことやゴルフ場スタッフの方からの注意事項は必ず守るようにしましょう。

操作方法

自走式(手動運転)カート

自走式(手動運転)カートの操作方法は普通自動車とさほど変わらない仕組みになっており、ハンドルがあり、アクセル、ブレーキ、前進後退のレバーがあります。スイッチを押し、起動させたらパーキングブレーキを解除しアクセル、ブレーキを踏むだけで操作することが出来ます。

後進時にはブザーが鳴るカートがほとんどですので、周囲をしっかり確認し操作しましょう。その他の注意点としては、必ず指定されたカート専用道路を使用するということ。コース内は斜面やカーブが多い為、スピードの出しすぎや、よそ見運転は行わず、危険と判断する場所では徐行を心掛ける点です。また、同乗者の方も万が一に備え、カートに備え付けられている取手にしっかりつかまり急カーブ急ブレーキに備えることも大切です。

リモコン式(自動運転)カート

続いてリモコン式(自動運転)カートの操作方法ですが、自走式カートと同じようにハンドルやアクセル・ブレーキはあるのもの使用するのはリモコンで遠隔操作ができます。リモコンのスイッチを起動させることで始動し、もう一度押すことで停止します。停止に関しては、決められた指定場所で自動で停止するようになっており、ティーイングエリアやグリーン横ではほとんどのコースが自動で停止するようになっています。注意点としては、発信時カート前に人がいないかなど安全面をしっかりと確認してから始動させましょう。

ゴルフカートのマナー

続いてゴルフカートのマナーに関してお伝えいたします。ゴルフは暗黙の了解などハッキリしないルールも多くある為、是非参考にしていただければと思います。ゴルフカートの運転に限らず、ゴルフは他のプレイヤーのプレーを邪魔しないということ、プレーファーストを心掛けることが大切です

基本的にゴルフが上手い方運転した方がスムーズにいくことが多いですが、誰とラウンドをするかでだれが運転をするべきなのかも変わってくるため、ご自身がどのようなポジションにいるのか把握しておく必要性もあります。例えば、自走式カート使用時に友人同士でラウンドする場合は、運転したい人が運転してもゴルフが上手な方な方でもどなたでも構いません。

同じ会社・職場の場合は若手と呼ばれる方が運転するのがベストでしょう。接待の場合ですと、接待をする側の方が運転します。ただ、ご自身が運転されている場合、セカンド、サードショットでカートから離れてしまう場合は他の方に遠慮なく運転をお願いしましょう。リモコン式の場合は、基本ゴルフが上手い方、ラウンドになれている方がリモコンを持つことをおススメします。理由としては、慣れている方のほうが全体的な進行を見ながらカートの移動を余裕をもってできるためです。

ラウンド・プレー中の停車位置・流れ

まず、ラウンドがスタートしたらセカンドショット以降は打った距離が短い方を先に下ろします。その為、運転者は飛距離が1番もしくは2番目に遠いプレイヤーになります。流れとしては、セカンドショットを初めに打つプレイヤーの場所で一度カートを止め、運転していないプレイヤー以外もその場で降り、使用するクラブを持ちそれぞれのショット場所まで向かいます。全員が降りたら運転者もショット場所までカートを動かします。

ショットを終えたプレイヤーは順次カートに向かい乗り込み、最後にショットをしたプレイヤーが戻るころには全員がカートに乗っているという流れとなります。また、スムーズに進行をするために、ショットした方が戻ってくるまで待機するのではなく、カートを前進させながら、戻ってくるプレイヤーがカートに合わせて移動をすることでピックアップがスムーズに済み、ラウンド時間を短縮することも出来ます

ピックアップをする際は、ショット後戻ってくるプレイヤーのために席を空けておくことことも大切になります。グリーン手前からアプローチする時はカート手前ではなく、カート奥の停止位置までカートを進めましょう。運転者に関しては打席者の妨げにならないようにカートをどこに停車させるかも頭にいれなければなりません。その為、メンバー全員のある程度のゴルフスキルがどれくらいなのかを把握しておくこともポイントになります。接待や、初めてプレーする方がほとんどいった場合は、邪魔になるならないの声掛けをしながら停車させるのも一つです。

そして、注意点としてはプレイヤーがショットをする際にどのタイミングでカートを移動させるかです。前述したとおり他のプレイヤーのプレーを邪魔しないということ、プレーファーストを心掛けなければなりません。カートを動かす際、カートの始動音が大きくプレイヤーに気が散る可能性があると判断した場合は始動するのは止め、ショットした瞬間などにカートを始動させましょう。また、遠方からリモコンで操作をする際は、カート周辺の安全面に気を使う必要があるので、始動させるうえでの危険を感じた時はしっかりと声を出し安全を確保してください。

このように安全面に気を付けながら、プレーファーストを心掛けると全プレイヤーが気持ちよくプレーすることが出来ます。

ゴルフカートが左ハンドルの理由

普段自動車の運転をしている人でもゴルフカートの運転はしづらいという人もいるのではないでしょうか。というのもゴルフカートは基本的に左ハンドルだからです。

ゴルフカートが左ハンドルの理由は3つ

【アメリカから輸入されたものに慣れてしまったから】・【カートの構造上左ハンドルの方が小回りがききやすいから】・【信号機や対向車がないため右ハンドルに変える必要がないから】と言われています。

接待時のおすすめの行動

最後に接待時のおすすめ行動に関してお伝えいたします。接待するうえでゴルフはとてもいいツールになります。理由は飲み会や食事などとは違い自由に帰るということが出来ないからです。ゴルフは一緒にプレーをし、その後温泉など裸の付き合いや、打ち上げとして食事をすることもでき、同じ時間を長く共にすることで、近い距離を作りやすくなります。

事前にクライアントが練習場で練習するかも確認し、何時に入るのかを必ず確認したうえで早めに会場に入りましょう。レストランで軽く食事をしたり休憩をする場合は、ゴルフに関する話や接待ゴルフを上手く回すための情報をキャッチするいいチャンスになります。その際に当日の個別ルールを決めるのもいいと思います。

ラウンドスタートする前に準備しておいた方がいいものとしてはドリンクを人数分用意し、キャディマスター室でスコアカード、鉛筆、フォークを全員に渡します。いざ、ラウンドがスタートしたら全力でクライアントとゴルフと会話を楽しみましょう。

素晴らしいショットをしたら『ナイスショット』や『グッドショット』、難しそうなショットに挑戦したときは『ナイストライ』『ナイスリカバリー』など掛け声を掛けます。プレイヤーのレベルにあわせて言葉をチョイスしましょう。ラウンドが終わる頃にはかなり話しやすい関係性になっているはずです。

まとめ

コロナウィルスの猛威もあり、飲み会などの楽しめる場が少なくなった今だからこそゴルフを通して様々な関係性構築や学びの場にしてもいいのではないでしょうか。今回はゴルフカートに関してお伝えいたしましたが、喫煙や飲酒をしながらの運転はマナー違反になりますので、しっかりとマナーを守り楽しみましょう。

\ この記事の感想を教えてください /