ゴルフ初心者必見!「ダフる」「トップ」「テンプラ」を徹底解説!ミスを直す練習法まで

初心者のみならず、すべてのゴルファーが悩まされる「ダフリ」「トップ」「テンプラ」の3大ミス。せっかくドライバーでフェアウェイセンターにナイスショットしても、次で「ダフリ」や「トップ」をすると飛距離のアドバンテージが生きてきません。またティショットで「テンプラ」が続くと、モチベーションも下がってしまいます。これらのミスが起きる原因や解決法を紹介して行きます。

「ダフリ」の原因と解決方法

そもそも「ダフリ」とは、英語で「叩く」を意味するduffに由来する言葉で、由来通りにボールの手前の地面を叩いてしまうミスのことです。このミスはクラブヘッドがボールに当たる前に地面に当たってしまい、ボールが飛ばなかったり、最悪数メートルしか転がらないことがあります。原因はいくつかありますが初心者に多いのは、ボールを上げようとして右足に体重が残り、手前の地面を叩いてしまうケースです。これはクラブヘッドがクラブのシャフトの後ろ側にある構造にも関係しています。野球やテニスのようにグリップの延長線上に重心スイートスポットがあり、そこでボールを打てれば良いのですが、ゴルフクラブはボールを打つヘッドのフェースが、シャフト軸線上になく、ズレています。

このためダウンスイングのときに右足に軸を残したまま重心を調整してしまい、フェースの打点がボールから地面にズレ、「ダフリ」を引き起こしてしまいます。このアイアンの構造を理解して、重心の位置を意識してスイングすることで「ダフリ」は少なくなります。イメージはフェースのスイートスポットが重心より遅れてボールに当たるイメージになります。ズレている重心で打とうとスイングすると、ヘッドがボールよりも先に地面を打ってしまいます。このクラブの構造とスイングの感覚を良く理解しておきましょう。「ダフリ」を防ぐにはボールの先を打つイメージでスイングするようにします。ボールを打つときは、ボールを見るのではなく、ボールの先にもう1つボールがあると仮定して、そのボールをダウンブローで打つイメージでスイングすると良いでしょう。「ダフリ」はボールのライによっても起こりますので、しっかり確認してアドレスをとってスイングをしましょう。

「トップ」の原因と解決方法

「トップ」とは、ボールの上部であるtopを打ってしまうミスのことです。このミスはボールの上部分を叩いてしまい、低いライナー性のボールか、地面を転がるゴロになってしまいます。「トップ」の原因は「ダフリ」と同様で、体重が右に残ったまま前傾角度を保つことができず、インパクトの瞬間に身体が起き上がってしまいボールの上部を叩いてしまうことです。またアイアンで打つボールの弾道は高く打ち上げるものだと思い込み、下から上に打ち上げるすくい打ちをしてしまいます。ボールの赤道より下側を打つはずのスイング軌道が、身体が起き上がってしまうことでズレて、ボールの頭を打ってトップになってしまいます。無理にボールを上げようとせずに、ロフト角に合わせたスイングを心掛けることが大切です。ボールの行方は気になりますが、しっかりとしたスイングをすれば思った方向にボールは飛んでいってくれます。フィニッシュする最後までボールのあったをしっかり見て、打ち終わってからボールの行方を確認するようにして、ヘッドアップを防ぎましょう。ラウンドでは「ダフリ」と同様にボールのライを確認して、しっかりスタンスをとってスイングをしましょう。

「テンプラ」の原因と解決方法

「テンプラ」とはボールが高く上がり距離がでないミスのことで、天麩羅がカラリとあがることに由来しています。原因はティアップしてドライバーで打つときに、ヘッドのクラウン部分に近い所でボール打って起こるミスです。テンプラの原因は大きく分けると2つあります。1つ目はドライバーのスイングがボールに向かって鋭角な入射角で入ってしまうと、フェースの上部でインパクトを迎えてしまうことになります。ダウンスイングでヘッドの軌道がアウトサイド・インになっていて、ヘッドが上から鋭角に下りてしまうケースです。そして2つ目はダウンスイングの体重移動の時に体が左へ突っ込んでしまい、頭の位置がボール側に動いてしまったり、スエーしてしまうことが原因です。一番簡単な「テンプラ」防止策は、ティアップの高さを低くしてボールをセットすることです。またコンパクトなスイングで緩やかなアッパーブローを意識的してスイングすることでもテンプラは直ります。どんなミスショットにも共通していますが、根本的にはアドレスとスイングを見直すことが大切です。

ミスを直す練習方法

「ダフリ」と「トップ」で共通することは、ボールの打点位置がズレることで起こるミスなので、このズレを直す練習をします。練習場でボールを低めにティアップして、アイアンで身体の軸と前傾姿勢を意識してボールをティに触れることなく打つ練習をします。ティに触れずにスイングができるようになると、「ダフリ」と「トップ」のミスの度合いが少なくなります。体重が右足側に残って「ダフリ」と「トップ」しやすい人は、ベタ足でスイングをすると、身体の軸が安定します。フィニッシュしてもティを見続けることで、ヘッドアップの防止につながりますので、意識して見続けましょう。

スイングの軌道も見直してみましょう

アイアンの「ダフリ」や「トップ」の原因に、V字軌道といわれるものがあります。V字軌道はスイングを正面から見た時に、クラブヘッドのインパクトの瞬間がVの字を描くようにボールへ向っていくスイングです。フェースがボールに向かって鋭角に下りていき、ボールに点で当たるため「ダフリ」や「トップ」が起こりやすくなります。「ダフリ」や「トップ」になりやすいV字軌道は少しの修正で良くなります。最近のアイアンはスイートスポットが広いので、手首のコックを抑えてボールに対してヘッドを水平に入れて、面でボールを捉えられれば少々のミスもカバーできます。コック使ってV字に打とうすると、やはり「ダフリ」の原因となりますのでご注意ください。V字とU字を比べれば、U字の方がヘッドが地面の上を滑っていきます。U字軌道の練習は、8番アイアンでティを一番高くセットして、ボールを払うように打っとイメージがつかめます。ただし、ラフが深くて短い距離の場合は、V字軌道でラフを切るように打った方が良い場合があります。ゴルフはコースの状況に合わせて、臨機応変なスイングをすることも大切です。「ダフリ」や「トップ」はスイング軌道をU字にすることで、ミスの少ないボールが打てるようになります。

まとめ

アイアンの「ダフリ」や「トップ」、ドライバーの「テンプラ」の原因と対策を説明しましたが、頭で理解していても身体がついてこなければ意味がありません。やはり練習しかありません。基本に忠実なスイングをマスターすることが、ミスをなくする近道かもしれません。

\ この記事の感想を教えてください /