ゴルファーの天敵!ゴルフ初心者でシャンクが出たら直るのか?シャンクの原因とラウンド中の応急処置を解説

ゴルファーが最も恐れ嫌うミスはシャンクで、特に初心者はラウンド中にシャンクが出るとかなり焦ってしまいます。どうしてシャンクが出たんだろうと考えだすと、不思議なもので続けてシャンクが出てしまいます。シャンクの原因を知りその対処方法を覚えておくことは非常に大切なので、これから説明していきたいと思います。

ゴルファーの天敵「シャンク」とは何か

シャンクとはインパクトの瞬間にいきなりボールが右方向に飛び出してしまうことで、プロゴルファーでさえ突如でてしまう厄介者です。シャンクが怖いのは一度出ると続けてでてしまい、それを見ていた同伴者にまで伝染してしまうことがあることです。ラウンド中にシャンクが出てしまうと、次も出るのではないかと気になってしまい、まともにスイングができなくなります。それを見ていた同伴者も、本来のスイングが崩れてしまいシャンクが出てしまいます。こうなるとスコアどころでなく、楽しいはずのラウンドも苦痛でしかありません。練習場でシャンクが出ると「こんなはずはない」と練習を続けて、何とかシャンクを止めようとします。しかしシャンクの原因や防止策を知らないと止めようがなく、悪いイメージを引きづったままで次のラウンドに行くことになってしまいます。初心者の方はまず、シャンクの原因を理解することは非常に大切です。

アイアンでシャンクが出てしまう原因とは

アイアンでシャンクがでてしまう原因はダウンスイングでフェース面が開いてしまい、クラブヘッドの根っこ部分であるネックにボールが当たってしまうことで起きます。なぜネックにボールが当たってしまうかは以下の3つの事が考えられます。

 スタンスがボールの位置に近く、グリップの距離も体に近い

スタンスがボールの位置に近すぎると、グリップも体に近くなりすぎるので、ダウンスイングのときにクラブの長さで手元が前に出てしまいます。こうなるとフェースが開いて、ヒール側でボールを当て行ってしまうので、シャンクが出るのも当たり前です。アドレスをとる時にスタンスとボールの位置や体のバランスと重心に注意して構えましょう。肩の力を抜いてダラリと手を伸ばし、体から拳一個から二個程度離してグリップを握ります。この状態でスタンスとボールの位置を合わせるのが適正なポジションです。アドレスのバランスは、体重を左右均等にして、拇指球に重心をかけると前傾角度を保つことができます。体重がカカトに乗っていると、スイング中に後ろ側の重心をツマ先に移そうとバランスを調整してしまいす。このときに前のめりになり、体がボールに近づいてしまうので、シャンクが出るというわけです。アドレスの段階でスタンスとボールの位置、体重分配と重心のバランスを意識して構えてください。

 正しいスイング軌道でクラブが振られていない

ダウンスイングからフォロースルーへ移るときに、体が上手く回転できないと手元が浮いてフェースが開いてしまいます。フェースが開いたままでボールを打ちにいくと、ヒール側がボールに向かってヒットしてしまうので、シャンクが出る。フェースは手首の角度がほどけると開いてしまいまうので、手首はしっかりと固定してグリップを握りましょう。そして左ワキが開かないように、締めてスイングしましょう。クラブヘッドが外側から内側へ抜けるアウトサイド・インの軌道は、フェースが開きやすいのでシャンクが起きやすくなります。できれば理想的なゴルフスイングである、インサイド・インの軌道に修正する努力をしましょう。

ゴルフクラブの構造を理解しましょう

野球のバットやテニスのラケットはグリップの延長線上に重心とスイートスポットがあリますが、ゴルフクラブはグリップの延長線上からズレた位置にボールを打つフェース部分がついています。人間は本能的にグリップの延長線上でボールを打とうとします。このためボールを打つフェース部分が延長線上からズレているゴルフクラブは、ダウンスイング中にフェースを開いて重心を調整してしまい、シャンクがでてしまいます。これはゴルフクラブの重心がシャフト上にあり、スイートスポットがクラブヘッド側にある構造なので仕方ありません。大切なことはこのアイアンの構造を理解して、重心の位置とスイートスポットの位置を意識してスイングすることです。

練習場でできるシャンク防止の練習方法を紹介

マットの上にボールを2個置きます。置く場所はクラブヘッドのスイートスポット側とヒール側です。この状態でスイートスポット側のボールを打ちます。ヒール側のボールに触れることなく、スイートスポット側のボールがしっかりと打てればシャンクは起こりません。ヒール側のボールがかなりプレッシャーとなるので、体でシャンク防止を感じることができます。ラウンドでシャンクがでてしまい、悪いイメージを断ち切りたいときには非常に効果の高い練習法です。

ラウンド中にシャンクが出てしまったら

ラウンド中にシャンクがでてしまったときの応急処置を説明したいと思います。これはラウンド中の応急処置なので、シャンクの根本的な解決方法ではありません。シャンクの原因であるヒールに当たらないようにすれば良いと、スタンスの位置をボールから離れる人がいますが、これは逆効果です。ボールから離れるということは、グリップが体を離れていくことなので、治るどころか逆に連続しシャンクがでてしまいます。これでは応急処置になりません。本来はボールに近づかなければいけません。シャンクがでたらまずスタンスとボールの位置、グリップとの距離、体重配分など、基本に忠実なアドレスを思い出してください。基本のアドレスをしっかりとったうえで、次にまとめた3つの応急処置のどれかを行ってみてください。

クラブヘッドのトゥ側で打つ

意識的にクラブヘッドの先っぽのトゥ側で打つようにすれば、同じスイングをしてしまっても、ヒールに当たる確率は低くなります。シャンクにならないトゥ側で打つようにすることでシャンクを防止します。

クラブヘッドのヒール側をボールの中心に合わせてスイングを始動する

シャンクの原因はクラブヘッドのヒールで打ってしまうことは頭で理解しています。そのヒールをボールの中心にセットするとボールに少し近づくことになります。この位置からスイングを始動すれば、ヒール側でボールを打つスイング軌道になりますが、実際はダウンスイングで本来のスイートスポットへ当てようと調整します。一見無謀に見えますが、ラウンド中の対策はこれぐらいの荒治療が必要です。

 短いクラブで思い切り振り抜く

シャンクがでてしまうと、次も出るのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。この負のイメージがスイング自体を小さくしてしまい、逆にシャンクがでやすい状態にしてしまいます。通常のスイングに戻すために、長いクラブより振り抜きやすい短いクラブで打つのが良いでしょう。距離は足らなくとも、ピッチングや9番アイアンで思い切り振り抜いた方が良いでしょう。悪いイメージを一気に断ち切るフルスイングが大切で、この場合は①か②を組合せてスイングするのが有効です。またアイアンを持つのをやめて、ユーティリティを短く持ってコントロールショットをするのも良いと思います。どのやり方でも2回ほど打ってシャンクが出なければ、心も落ち着いて自信が戻ってきますので、シャンクが出ることはありません。ラウンド中にシャンクが出ても、慌てることなく心を落ち着かせて、自分のペースを取り戻す事が大切です。まずアドレスの基本が出来ているのかを確認し、シャンクの応急処置を行いましょう。

まとめ

ゴルフには様々なミスショットがありますが、その中でもシャンクのミスは精神的ダメージを大きく受けます。シャンクの原因を理解しておき、いざという時の対応を覚えておきましょう。

\ この記事の感想を教えてください /