【ゴルフ初心者必見】アイアンのスイング解説!インパクトの動きと練習法について

アイアンはドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティと比べて短めで、優しく感じるかもしれません。しかしドライバーなどウッドと比べて正確性が求められ、上級者でもアイアンに悩んでいる人は多くいます。アイアンにおいて「アイアンが真っすぐ飛ばない」「距離感があわない」など悩んでいる人もいます。中にはドライバーがうまく打てて、アイアンが苦手な方もいるでしょう。これはドライバーは常にティーアップをしてティーングエリアから打てて、アイアンは常に状況が変わることがあげられます。

ゴルフを始める時、まず7番アイアンから始めることが多いのですが、7番アイアンはゴルフの基本がつまったクラブといっても過言ではありません。つまり7番アイアンの打ち方を習得することは、ゴルフの上達への一歩となるのです。あとは7番よりも長いクラブ、短いクラブは微調整をしていけばいいのです。ここではアイアンを打つ時のフォームやスイングなど、アイアンの打ち方について紹介してきます

それではアイアンの打ち方を、スイング前、スイング後さらに練習法を詳しくご紹介してきます。アイアンを打つ時の基本的に考えること、NGなこと、基本的なことを身に付けるための練習法を詳しく説明してきます。

・スイング前
・スイング後
・練習法

スイング前

アイアンの構え方ですが、リーディングエッジかスコラライン(フェースの白い線)を目標に正対させてください。トップブレードを目標に向ける方法がありますが、引っ掛けてしまったりするので、短い番手ではオーソドックスにスコアラインを目標に向けて下さい。

ここからアドレスに関して話していきますが、このアドレスが間違った位置になっていると思ったような球筋を打つことはできません。アイアンのアドレスは体の軸と地面を垂直にし、目標物に対して真っすぐスクエアに構えます。一旦背筋を伸ばしてアドレスをしてから、膝を軽く曲げて前傾姿勢を作るとスムーズです。

スタンスですが、肩幅と同じくらいに開いてください。あまりに狭いと踏ん張る力を失ってしまい、スタンスが広いと体がスムーズに回転しません。肩幅と書きましたが、実際には自分がスムーズにスイングをすることのできるスタンスを練習の時に見極めるようにしてください。

グリップに関しては決まったものはないのですが、力を入れるのではなくバランスよく握ることを意識してください。左手の中指、薬指、小指だけに力を入れるイメージです。特に小指に力を入れることが必要です。

腕の位置ですが、力を抜いて自然と腕を下げた場所が最もスムーズにスイングをできる場所です。重心は5:5のバランスが最も振り切りやすく、ボールの位置は足と足の間を結んでやや左足よりに置きます。(ボール1個くらい)8番アイアンならもう少し左と番手が下がると左に、番手があがると右にボールを置くようにします。7番アイアンで基準を作っておくと良いでしょう。

ややハンドファーストに構えたほうが力強いボールを打つことができますが、あまりに極端なハンドファーストになると、ミスショットにつながります。この点に関しても、練習で最もスムーズな位置を見つける必要があります。ここまでスイング前の注意点をご紹介してきましたが、アイアンで悩んでいる人の多くは、正確なアドレスをとれていないことが多いです。あらためてアドレスの見直しをするようにしてください。スライスやトップがでる場合も、間違ったアドレスをしている場合が多いです。

スイング時

初心者の方であれば、アイアンは7番から入れている方が多いのではないでしょうか。ここでは7番アイアンを例にとって打ち方を説明していきます。ドライバーやユーティリティ、フェアウェイウッドと違ってスムーズにスイングをできることから、まず7番アイアンから練習する人も少なくありません。

アイアンはややハンドファーストで打つのですが、グリップが左足の付け根のほうを向いているとちょうどいいハンドファーストになります。これ以上にハンドファーストにする必要はありません。アイアンはボールを上げてグリーンに止めたい意識が働きます。しかし頭の位置を変えないで、アドレスしたハンドファーストの形をフィニッシュまで崩さないように打つと、ロフト角の分ボールがあがります。無理にボールをあげようとすると、トップしやすいので注意をしてください。

次に体重移動を意識しましょう。トップに来るときは右足に体重がフォロースルーの時は左足に体重がのるようにします。フォロースルーの時は左足に8割体重がのっているイメージで打ってください。無理にボールをあげようとすると、右足に体重が残ってしまいます。右足に体重が残っている状態だと、ミスしやすい状態にあるといえます。「アイアンはダウンブローに打ちましょう」とよく記事などで見ますが、実際にはダウンブローに打つのは容易ではありません。そのため地面と平行線に打つレベルブローに打つイメージをもつとよいでしょう。

練習法

アイアンを打つ際、ある程度の基本の打ち方はあります。例えばアドレスは肩幅と同じといいますが実は人それぞれ全く同じではありません。そのため練習をする時は、スムーズにクラブを振ることができるスタンスの幅、クラブの起動、構え方などを見つける必要があります

これらを毎回打つ時に意識をしないで、毎回スムーズにスイングができるまで練習する必要があります。例えばフィニッシュの時に、左足に体重がのっていない場合はスムーズにスイングができていません。

スイングがスムーズに行えない時は、アドレス、グリップなどここまでに説明したようにいて一点ずつチェックをして練習するようにしてください。特に中級プレイヤー以上だと、一カ所直すだけで劇的にスイングがよくなる可能性があります。

苦手な部分、ミスがでやすい部分はひとそれぞれなので自分のウィークポイントを知っておくと調子が悪くなってきても、修正しやすいです。プロでも「自分が悪くなってくるとここが悪くなる。ここが修正できれば元に戻れる」ポイントを持っている選手は強いのです。

まとめ

アイアンの打ち方には、アドレスなどのスイング前にチェックすること、体重移動などスイング時にチェックすることなどさまざまなポイントがあります。これらの基本を習得することにより、アイアンの正確性があがりダフリやスライスなどの大きなミスが少なくなります。

アイアンの基本を習得するには日々の練習が必要であることから、アドレスのチェックやスイングチェックなどできる範囲で日頃から練習することをおすすめします。鏡でスイングをチェックしたり、上手な人が周りにいる場合は助言を求めることも一つの上達への方法です。

\ この記事の感想を教えてください /