ゴルフ初心者必見!オープンスタンスとクローズドスタンスのメリットとは?

今回はオープンスタンスとクローズドスタンスの違いをゴルフデビューしたばかりの人にでもわかりやすいように解説していきます。両方とも名前を聞いたことあるけど詳しくはわからないというゴルフ初心者の方も多いのではないでしょうか。ぜひこの記事を最後まで読んで、今後のゴルフに活かしてください。

オープンスタンス

オープンスタンスはアドレスをした時の構えや足の位置の種類の一つです。アドレスとはゴルフボールを打つときに構えをとり、クラブヘッドをボールに近づけて、いつでもショットできる状況を指します。アドレスの際の足の位置はボールをまっすぐ飛ばすために重要なことの一つなので、自分が打ちやすい正しい場所で構えるようにしましょう。そして正面を向いて構えるのではなく、打球方向に対してやや左方向 (左打ちの方は右方向)を向いて構え、正面から見てみると体が開いて見えるのでそう呼ばれています。

クローズドスタンス

クローズドスタンスとはゴルフボールを打つときに右足(左打ちの方は左足)をやや後ろに下げて構えるスタンスのことです。「クローズド」スタンスはボールを飛ばした後の目標地点に対して体が閉じているような状態のためそのように呼ばれています。

オープンスタンスのメリットって何?

今からはまずオープンスタンスのメリットをご紹介していきます。「体のパワーをしっかりボールに伝えられる」ということが一つ目のメリットとして挙げられます。ボールを打つ瞬間にオープンスタンスで構えると、体のパワーがあまり分散せずにボールに伝わります。それはなぜかというと、ボールにパワーを伝えるには下半身が少し前に出るのが理想なのでオープンスタンスはそれを自然にできるようになります。右打ちの方は左足、左打ちの方は右足にも体重がしっかり乗るためです。二つ目のメリットとして「フックの改善になる」が挙げられます。オープンスタンスを取ることで、フック気味のボールの軌道を改善することが可能です。フック気味なボールの軌道になる原因の一つとして、身体の前の空間が狭くなり、窮屈なスイングをしてしまうことが考えられます。オープンスタンス体を開くことが前提ですので、窮屈なスイングが自然と改善され、フック気味なボールの軌道を改善することができます。最後に紹介するメリットは「安定性と正確性のあるショットを打てる」です。オープンスタンスはバックスイングを小さくできます。バックスイングを小さくすることで、ボールを打つ瞬間のブレが軽減されるのでショットの安定性と正確性が増すということです。このことからアプローチショットやバンカーショットなどの正確性を必要とされる場面でオープンスタンスは使用されることが多いですが、後ほど詳しく解説していきます。

クローズドスタンスのメリットって何?

次にクローズドスタンスのメリットを解説していきます。一つ目のメリットは「スライス軌道の改善」です。クローズドスタンスは、ドローボールと言われるフック軌道のボールを打ちやすくなります。ボールがスライス軌道になってしまうというのは、多くのゴルフ初心者を困らす悩みの種の一つです。もしボールがスライス気味に飛んでいくという方はぜひクローズドスタンスを試してみてください。二つ目は「狙った方向に飛ばしやすい」です。スイングには体重移動が大切ですので、ボールを打った後の左足にのったパワーを逃しにくいクローズドスタンスはいいショットが打てるということです。そのためしっかりとしたパワーを伝えることができるので、狙った方向にゴルフボールを飛ばしやすくなります。ゴルフをしていく上でボールを狙ったところに飛ばすというのは必要な技術ですので、ゴルフ初心者の方は一度クローズドスタンスも試してみてください。三つ目のメリットは「飛距離がアップする」です。打球の飛距離をアップさせるにはスイングの際に体を後ろに大きく引く必要があります。クローズドスタンスはしっかりと体を後ろに引くことができます。そのため勢いのあるスイングができるクローズドスタンスはより遠くにボールを飛ばせるようになるということです。ゴルフデビューしたばかりでは当てるのがなかなか難しいかもしれませんが、少し慣れてきたら試してみるのもありです。

オープンスタンスはこういう時に使おう!

次にオープンスタンスを特にどのような場面で使うと良いのか解説していきます。ぜひ今後のラウンドでのプレイに活かしてみてください

①アプローチショット

オープンスタンスはアプローチショットの際によく使用されます。アプローチショットには絶妙な力加減やタッチが必要になります。先ほど紹介したようにショットの安定性と正確性が増すオープンスタンスは、アプローチショットにぴったりのスタンスです。

 ②バンカーショット

オープンスタンスは体を少し開くことで、ボールとスイングの軌道がスライス寄りになりやすくなります。バンカーショットで砂に打ち込むと砂の抵抗が掛かるので、いかに砂の中から素早く抜くかということが大切になってきます。オープンスタンスによって砂の中から素早く抜け出すための、クラブの通り道を確保できるのでバンカーショットの際に有効なスタンスです。

③つま先あがりの傾斜地でのショット

つま先あがりの傾斜地でのショットでは、自然といつもより、ボールがフック気味の軌道になりやすいです。本当はスライス気味に飛ばしたいのになかなか上手くいかないというのはよくある話です。ほんの少しオープンスタンスを取ることでボールの軌道がスライス気味になりやすくなるので、つま先あがりの傾斜地では有効なスタンスと言えます。

クローズドスタンスはこういう時に使おう!

最後にクローズドスタンスを使うショットをご紹介します。

①ティーショット

ティーショットとはティーイングエリアから打つ最初のショットのことで、そのホールでの大事な一打目のショットのことです。ティーショットで遠くに飛ばせばとばすほど、その後のショットの回数を減らすことができるので飛距離を伸ばすことはとても重要です。上記で解説したようにクローズドスタンスはスイングの際に体を後ろに大きく引くことができるので、飛距離を伸ばすことができるのでティーショットに有効なスタンスだと言えます。ただまずはしっかりとボールに当てることが大切です。ボールの芯を捉えることであまり力を入れなくても飛距離を伸ばすことは可能ですので、慣れるまではボールの芯をしっかり捉えるということを意識するようにしましょう。

②つま先下りの傾斜地でのショット

つま先下りの傾斜地では、体の内側方向にフック気味の軌道でショットしたい場面がほとんどです。また、つま先下りの傾斜地では自然とスライス気味の軌道になりやすいので、フック気味のボールの軌道を描きやすいクローズドスタンスはとても有効というわけです。

まとめ

今回はオープンスタンスとクローズドスタンスの特徴やメリット・使用ショットについてご紹介しました。それぞれ違った特徴やメリットがあるということがわかったので、使い分けることができればさらなるスコアアップが狙えそうですね。もちろんゴルフデビューしたてですぐにマスターすることは難しいので、何度も練習して一つ一つ習得していきましょう。また、自分より上手な人に教えてもらうことも上達する秘訣ですので、恥ずかしがらずいろいろと質問してみましょう。

\ この記事の感想を教えてください /