ゴルフ初心者必見!ゴルフ初心者は力入りすぎている?脱力スイングのススメとは!?

ゴルフデビューしたばかりだと、力みすぎたり、ボールがスライスしたりと初心者ならではの間違いや悩みがつきものです。ということで今回解説するのは、ゴルフデビューしたばかりなら必ず知っておきたい脱力スイングについてです。今後のゴルフ活動に必ず役に立つ情報なので、ぜひ最後までご覧になってください。

ゴルフ初心者にありがちな間違い

まずはゴルフ初心者にありがちな間違いを3つご紹介します。もしやってしまっていたという方は今日から改善しましょう。

腕の力だけで打ってしまう

ゴルフ初心者の多くは、体全体の力を使えずに腕の力だけで打とうとしてしまいがちです。打球の軌道がぶれやすいのは腕の力だけで打っていることが原因であり、真っ直ぐに飛ばない、力の入っていないスイングしかできません腕の力ももちろん大切ですが、プロゴルファーやゴルフ上級者の方は体全体の力を使ってボールを遠くに飛ばしています。体全体の力を使うためには先ほどご紹介した上半身の軸をキープすることが大切になってきます。

頭を動かさないようにする

ゴルフデビューしたばかりだと教えてもらう人に「頭を動かさないように打て」と言われたことはないですか?「頭を動かさないように」というのは間違いではないのですが、本当に全く頭を動かさないのは間違いです。実際にプロのスイングを見てみても、頭を動かさないように見えているだけで実際は若干動いています。後ほど詳しく説明しますが、頭を完全に動かさないまま打ってしまうと、腕の力だけを使ったスイングになってしまいせっかく生み出されたパワーがボールに伝わりません。頭を動かさないのではなく、「上半身の軸をキープすること」が大切です。上半身の軸をキープすることで、ボールの飛距離が伸びるだけでなく、起動がぶれない安定したショットを打つことができます。

10割の力でスイングする

最後に今回のテーマでもある10割の力でスイングしてしまうことです。ゴルフボールの遠くに飛ばすには、とにかく力を入れてフルスイングすればいいと思ってしまいますが、ボールとクラブの芯を捉えることで飛距離を伸ばすことが可能です。フルスイングでボールをコントールし、落としたい所にボールを運ぶのは難しいのでプロゴルファーでもフルスイングでショットすることは稀です。またフルスイングしてしまうと体勢を崩しやすくなり、フォームが安定しないので、ボールの軌道も安定しません。よってゴルフデビューしたばかりの人は、ボールにしっかり当てることと、綺麗なフォームで打つことを意識して、慣れてきたら徐々にスイングする力を強くしていきましょう。

脱力スイングとは

脱力スイングとは文字通り、ボールを打つ際に体に余計な力を入れることなくスイングすることで、余計な力が入らない脱力スイングをすれば打球が安定してブレる可能性が軽減されます。そして上記でご説明した通りゴルフデビューしたばかりだとボールを遠くに飛ばそうとして、フルスイングをしてしまいます。

脱力スイングはこの練習でコツをつかもう

脱力スイングは打球の軌道を安定させるだけでなく、飛距離を伸ばすためにも大切だということがわかりました。最後に今日からできる、ゴルフデビューしたばかりの人必見な練習方法をご紹介します。ぜひ今後の練習に取り入れてみてください。

手首を柔らかくする

ボールを遠くに飛ばすためには「タメ」をしっかり作る必要があります。ゴルフ上級者やプロゴルファーなどよくボールを飛ばす人はスイングの際にタメを作るのが上手と言われています。というのもタメを作るためには腕の力だけでは不可能ですし、意識的に作るのは難しいです。ではタメはどうやって作ればいいのか。タメを作るには手首を柔らかく使いましょう。ゴルフ初心者に限らず多くの方がやってしまいがちなのが、手首を柔らかく使えず固定したまま打つことです。手首を柔らかく使えないと、腕のみの力で打ってしまい体の力をうまく使えないので、結果的にいいショットは打てなくなります。手首を脱力することで自然とタメが生まれいいショットを打てるようになります。イメージ的には手を洗った時に手についた水を払うような感じです。またタメを作る練習として「右手一本で打つ(左打ちの人は左手)」というトレーニングがおすすめです。両手を使ってボールを打とうとするとどうしても、しっかりとクラブを握ろうして手首をガッチリと固めてしまいがちです。しかし片手でスイングすることで意識せずとも勝手に手首の脱力が可能で、手首をリラックスさせてクラブを振ろうとします。その結果、脱力した・いい状態に力が抜けたスイングができ、ボールを遠くに・安定して飛ばせるようになるということです。

アドレスであらかじめ力を入れる

アドレスとはゴルフボールを打つために構えることです。アドレスで力を入れるというのはグリップを握る力・腹筋に力を入れるということです。人間は長い時間体に力を入れ続けることは不可能で、どこかで必ず力が抜けてしまいます。この原理を利用することで、脱力した際にベストな状態に持っていくことができます。

腕の三角形を維持する

脱力スイングをし、ボールをより飛ばすためには、クラブの遠心力を利用することが必要になります。腕の三角形とはクラブを持った際にできる三角形の形をした空間です。構えてからボールを打つまで、腕の三角形の形を崩すことなくそのままの状態でいられるようにしましょう。この状態を保ったままスイングできるようにすれば、無駄な力が入っていないスイングができいいショットを打つことが可能になります。ただ腕の三角形を維持したままスイングするのはすぐにできることではないので練習が必要です。おすすめの練習方法として、腕の間に大きなゴムボールを挟み、絶対にボールを落とさないように気をつけて素振りしてください。もちろん本番でボールを挟んだままプレーすることはできませんが、ボールを挟んでトレーニングすることで、自然と腕の三角形を維持したままスイングできるようになります。

赤ちゃんをあやすおもちゃの”ガラガラ”をイメージする

ゴルフにおいていいショットをするためには、ヘッドスピードを速くする必要がありますが、ゴルフ初心者は腕・肩・手首などに余計な力を入れてしまいがちです。力むことなくヘッドスピードを上げるためにイメージして欲しいのが赤ちゃんを癒す際に使われる”ガラガラ”です。“ガラガラ”をうまく鳴らすは手首の力だけではなく、手首の力を抜いて指をうまく使う必要があります。この場合指を下半身・手首を上半身として、上半身が固まってしまっていると綺麗な音が鳴らない、つまりいいショットが打てないということがわかります。

素振りで感覚を掴む

なんのスポーツでもそうですが基礎練習が大切です。ゴルフは野球と違って素振りが軽視されがちですが、ゴルフにおいても素振りはとても大切です。上記でご紹介した片手でのスイングやボールを挟んだままのスイングなど、アレンンジすることでより効率的な素振りをすることが可能です。そしてただ何気なく素振りをするのではなく、脱力することやフォームなど、実際にプレーすることを想像しながら素振りをしてみましょう。これだけでゴルフデビューしたばかりでもどんどん上達していきます。

まとめ

今回はゴルフ初心者必見の脱力スイングをご紹介しました。ゴルフデビューしたばかりだと遠くに飛ばそうとフルスイングしてしまいがちですが、無理に力を入れなくても飛距離を伸ばすことができますよ。はじめの方は感覚を掴むのが難しいかもしれませんが、今回ご紹介した練習方法を試しながら感覚をつかんでください。

\ この記事の感想を教えてください /