ゴルフ初心者必見!自分に合うシャフトを見つけてスコアをあげよう!シャフトの違いを解説!

今回はゴルフ初心者必見のシャフトの違いを硬さや重さなどの観点から解説していきます。シャフトにはスチール製とカーボン製があり、それぞれ異なる特徴を持っています。シャフトはゴルフのスコアアップに大切な部分ですので、ゴルフ初心者の方もそうでない方もぜひ最後まで見て、今後の参考にしてみてください。

シャフトとは

シャフトとはゴルフクラブのグリップとヘッドを繋ぐ棒状の部分のことです。シャフトは体で作られたパワーを、クラブからボールへ伝える大切な役割を持っています。他にもシャフトは「ボールの芯に当てやすくする」、「クラブをボールにミートしやすくする」といった役割もあります。グリップやヘッド部分を含めそれぞれのパーツには重要な役割があるということです。そしてシャフトには「純正シャフト」と「カスタムシャフト」があります。純正シャフトは市販で販売しているゴルフクラブに元々ついているシャフトのことです。一方のカスタムシャフトは個人の特徴やスキルなどに合わせて選ぶことができます。ゴルフデビューしたばかりではあまり関心はないかもしれませんが、ゴルフ中級者以上の方はカスタムシャフトを使用している人が多いので、ゴルフ初心者のうちから知っておいて損はありません。

シャフトの違い

シャフトにはさまざまな重要な役割があります。また次に素材によるシャフトの違いをご紹介します。

カーボンシャフト

カーボンシャフトはカーボンで作られているシャフトのことです。カーボンシャフトは「ボールを上にあげやすい」、「衝撃緩和してくれるため手首や肘への負担が少ない」、「軽い」といった特徴があります。また飛距離を伸ばすならカーボンシャフトが適しているので、ほとんどのドライバーにこのカーボンシャフトが採用されています。

スチールシャフト

一方のスチールシャフトはその名の通りスチール素材でできたシャフトです。スチールシャフトはカーボンシャフトに比べて重く硬くなっており、うまく使いこなせればドライバーに装備して飛距離を伸ばすために使用できますが、ゴルフ初心者には少し難しいです。ただスチールシャフトはその重さや硬さからスイングの際のブレが少ないので、短い距離での細かさやコントロールが必要な場面に適しています。

ゴルフ初心者のためのシャフトの選び方

今からはシャフトの選び方をご紹介します。これからカスタムシャフトを使おうか悩んでいるけど、どうやって選んだらいいかわからないという方は参考にしてみてください。

シャフトの重さで選ぶ

まずは重さで選ぶ方法です。ゴルフクラブは自分の体格やパワーにあったモノを選ぶ必要があります。重すぎると振り切れずうまくパワーを乗せることができませんし、軽すぎるとぶれてしまうためです。またシャフトが重たいとラウンドの後半にしんどくなってくるので、その点も注意が必要です。

シャフトの硬さで選ぶ

次にシャフトの硬さで選びましょう。シャフトの硬さは別名フレックスと呼ばれており「L(レディース)」・「A(アベレージ)」・「R(レギュラー)」・「SR(スティッフレギュラー)」・「S(スティッフ)」・「X(エキストラ)」の6種類があります。ただシャフトの硬さの表記には正式な基準がなく、同じ硬さの表記でもメーカーによって、硬さが異なります。シャフトが柔らかいとボールを遠くに飛ばすことができますが、ミートするのが難しいです。反対に硬いと安定したショットはできますが飛距離を伸ばしにくくなるなど異なる特徴があるので、実際に触ってみて、自分にあった硬さのシャフトを選ぶようにしましょう。

シャフトのトルクで選ぶ

トルクはシャフトのねじれ度合いを表しています。トルクは3.5を目安に、数値が大きくなれば捻れやすく、小さくなれば捻れにくいシャフトとイメージしてください。シャフトのねじれが大きくなれば大きくなるほど、ゴルフボール を捕まえて飛距離を伸ばしやすくなり、ねじれが小さいほど真っ直ぐと安定したショットが打ちやすい傾向にあります。

シャフトのキックポイントで選ぶ

最後にシャフトのキックポイントで選んでみましょう。シャフトのキックポイントとはシャフトが一番しなるポイントです。キックポイントは主に先調子(先端が柔らかい)・元調子(先端が硬い)・中調子(手元と先端が硬い)・ダブルキック(手元と先端が柔らかい)の4つに分類されます。以前まではゴルフ上級者は手元と先端が硬い中調子タイプの重たいシャフトを使用することが多かったのですが、最近は軽くてもしっかりとしたシャフトが増えてきているので、プロゴルファーや上級者の方でも軽いシャフトを使う方が増えています。

おすすめのシャフト

ここまでシャフトの特徴や選び方をご紹介しました。最後におすすめのシャフトを5つご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

フジクラ VENTUS BLUE(ベンタス ブルー)

PGMツアーでも人気があり、数多くのプロゴルファーが信頼して使っているシャフトです。ベンタスはボールを捉える機能に優れており、初速度を最適化することにより、ボールの飛距離を伸ばすことが可能です。またシャフト自体がしなり感が少なめでしっかりとしているので、安定したショットも実現可能ですのでバランスの取れたシャフトです。安定したショットを打ちたいけど、飛距離もそこそこ欲しいという方におすすめです。

USTマミヤ ATTAS DAAAS

USTマミヤ ATTAS DAAASはタメを作りやすくて先端があまり先走らないので、優れた方向性を実現します。また大きめのヘッドとの相性が良いので、必然とボールを確実に捉えやすくなるのでゴルフ初心者の方にもおすすめです。

グラファイトデザイン Tour AD VR

Tour ADシリーズは石川遼選手など錚々たるツアープロが使っているシャフトです。何かに特化したというよりも、飛距離やスイング感や打球のコントロールのしやすさなどバランスの取れたシャフトです。安定したプレイをしたい、まずはオーソドックスなシャフトが欲しいという方におすすめです。

三菱ケミカル TENSEI PRO ホワイト 1K

 TENSEIの特徴はスイングスピードの向上、軌道の安定を実現してくれるシャフトで、その中でもTENSEI PRO ホワイト 1Kは安定性を重視したい方におすすめです。また軽量ながらも先端は硬く、しなやかなしなりをするので飛距離を伸ばすことも可能です。さらに方向性もいいのでボールがフック気味に飛んでいくミスを減らすことができます。

グラファイトデザイン Tour AD SLII-5 シャフト

Tour AD SLII-5は人気シリーズ Tour AD の中でもより軽さを重視したモデルです。SLII-5は柔らかくしなりがあるので、ボールをしっかりつかんでくれるので飛距離を伸ばすことができます。いつもラウンドの後半に腕が疲れるという方や、もっとボールを飛ばしたいという方におすすめです。

まとめ

今回はゴルフ初心者必見のスチールとカーボンのシャフトの違いを解説しましたが、いかがだったでしょうか。シャフトはクラブからボールへパワーを伝える重要な役割を持っていますが、どこか軽視されがちです。しかし自分にあったシャフトを使うことはスコアアップにつながりますので、時間をかけてじっくり選ぶようにしましょう。最後まで読んでいただきありがとうございます。

\ この記事の感想を教えてください /