ゴルフ初心者必見!なぜ止まっているのにボールに当たらないの?当たらない原因を解説!

今回はゴルフ初心者が必ずといっていいほど悩んでしまう悩みの、止まっているボールに当たらない原因・当てるにはどうすればいいかを解説していきます。また他にもゴルフ初心者が悩まされる現象と解決方法も解説していきます。記事の後半にはゴルフ初心者必見の止まっているボールに当たらない時にぜひとも試して欲しい解決方法も書いています。
【Amazon】ゴルフボール・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ゴルフボール・売れ筋ランキングはこちら
【Amazon】ゴルフシューズ・売れ筋ランキングはこちら
【楽天市場】ゴルフシューズ・売れ筋ランキングはこちら

止まっているボールに当たらないのはなぜでしょうか?

ゴルフデビューしたばかりの人が、止まっているボールをクラブに当てることができない原因について解説していきます。まず一つ目として体が浮いていることが考えられます。まずは体が浮いてしまっていると高い確率で止まっているボールに当たらない原因になってしまいます。ボールがスライスする原因と似ていて、前傾姿勢をキープできずに体が浮き上がってしまうとボールを確実に捉えることは難しいでしょう。次にボールから目を離してしまうことが考えられます。次にボールを打つ瞬間にボールから目を離しているということが考えられます。これもボールがスライスしてしまう時と一緒ですが、ボールを打つ瞬間にボールを見ていないと空振りしやすくなります。頭の中ではイメージできていても、なかなか当てることができない方が多いのでボールを打つ瞬間までボールから目を離さないでください。3つ目として原因として力みすぎているからです。最後に力みすぎているということが考えられます。ゴルフ初心者にありがちなのがボールを遠くに飛ばそうと、力んでしまうことです。もちろん力も必要ですが、大切なのはしっかりとポイントに当てるということなので意識してみましょう。

 

 

止まっているボールに当たらない場合の解決方法

最後に、止まっているボールに当てるための解決方法を紹介します。ぜひ今後の練習の参考にしてみてください。

①素振りをする

ゴルフも野球やテニス同様素振りというのはとても大切です。実際にボールを打つのも大切なことですが、素振りをすることでクラブの感覚を掴むことができます。そうすると徐々に自然とクラブがボールに当たる感覚も掴めてくるので、素振りは必要不可欠なものです。ゴルフは野球などに比べると素振りは軽視されがちですが、とても大切なことなので練習に取り入れるようにしましょう。

②ティーアップして打つ

ティーアップとはボールを地面から1cmほど浮かせて打つことで、その際にはクラブは7番アイアン8番アイアンを使用しましょう。ボールを浮かしすぎると反対に空振りしやすくなるので注意しましょう。だんだんとゴルフに慣れてきたらティーアップをやめて何もない状態で打ってみましょう。

③力を抜いて打つ

力を抜いて打つというのはボールをしっかり捉えるためには非常に大切なことです。プロゴルファーは思いっきりクラブを振る方も多くいますが、何にせよ初めはボールにしっかりと当てないといけません。ゴルフデビューしたばっかりの時は、5〜6割の力でしっかりとボールに当てることを意識し、思いっきりクラブを振らないようにしましょう。力を入れずともボールの芯とクラブの芯が当たることで遠くにボールを飛ばすことができます。その感覚を掴んできたら徐々に力を強くしていきましょう。

④道具に慣れる

道具に慣れるというのは一番大切なことです。ゴルフ以外のスポーツでもそうですが、初めから道具を上手く使いこなすことは難しいです。練習していくうちにゴルフにも道具にも慣れてきますので最初はボールに全然当たらなくても心配いりません。まずは諦めずに練習して道具に慣れるようにしていきましょう。

 

 

 

まとめ

今回は止まっているボールに当たらないというゴルフ初心者の悩みとして多い現象の原因と解決方法をご紹介しました。まずはフルスイングで飛距離を伸ばすのではなく、ボールの芯を捉え確実にボールを打てるように意識しましょう。ゴルフデビューしたばかりですぐにボールを綺麗に捉えられる人はそうそういません。ですので決して恥ずかしいことではありませんので、まずは今回ご紹介した解決方法を打ちっぱなしなどでしっかり練習して、ゴルフ初心者を脱却しましょう。

 

\ この記事の感想を教えてください /