初心者必見!ツアープロの資格って何があるの?ゴルフのプロテストって何をするの?プロゴルファーを大解剖!

これまで以上にツアーにでる資格が厳しくなっているのをご存じでしょうか。プロテストに合格するだけでも大変なのですが、レギュラーツアーに出るのも簡単ではありません。この記事ではツアープロの資格、またプロテスト、またレギュラーツアーにでる資格についてなど詳しく説明していきます。

プロゴルファーとは

まずプロゴルファーの説明をしていきます。テレビなどで登場するトーナメントを戦っている人だけを、プロゴルファーというイメージがありませんか?
実はプロには以下の2種類があります。

・トーナメントプレイヤー(TP)

・ティーチングプロ(TCP)

トーナメントプレイヤー(TP)

テレビなどでよく見る選手は、トーナメントプロとよばれる選手です。また別名ツアープロとよばれる選手たちです。簡単にいえば試合にでて、賞金を稼いでいる選手のことをいいます。一つ間違えやすいのは、トーナメントにでている選手がすべてトーナメントプロとよばれるわけではありません。簡単にいえば、トーナメントプロの資格とトーナメントの出場権は別ということです。しかしトーナメントプロの資格を持っていると、例えばレッスンをするとき、講演をするときなどに、肩書を名乗ることができます。

ティーチングプロ(TCP)

ゴルフの指導はトーナメントプロであっても、まったく資格がなくても行うことができます。しかしティーチングプロの資格を持っていると、その指導力はPGAのお墨付きであり、さらにプロに対してもコーチをします。トーナメントプロでも多くの選手がコーチをつけているのですが、ティーチングプロであることが多いです。ティーチングプロの資格はトーナメントプロよりも難しい面があります。ゴルフの力量はもちろんのことながら、ゴルフに関する幅広い知識が必要になります。平均して申し込みから認定されるまで1年以上かかります。

 

 

プロゴルファーになるために

プロゴルファーになるために、一部をのぞきプロテストに合格する必要があります。それではプロゴルファーになるための方法をご紹介していきます。

PGA資格認定プロテスト

男子向けのプロテストであり、受験資格は16歳以上となります。プレ予選、1次、2次、最終プロテストとトーナメント形式で実技試験が行われます。最終プロテストにおいて上位50位タイまでが合格となります。アマチュアの大きな大会で上位に入賞したり、アマチュアとしてプロのトーナメントで上位に入るなど予選免除がある場合があります。なおプロのトーナメントで優勝したら、プロテストが免除になります。最近では女子の古江選手が富士通レディースで優勝して、プロテストが免除になりました。受験費用は最終テストまで進むと286,200円必要です。合格した場合は入会金460,000円、さらに年会費は42,000円必要です。プロゴルファーになるためには、費用が必要なのです。

LPGAテスト

男子のPGA資格認定テストと流れや受験資格などは同じです。しかし唯一違うのは、最終プロテストの上位20位までが合格です。受験者は圧倒的に男子のほうが多いので、合格率は男子も女子もあまりかわりありませんが、合格率は低いです。女子の場合は男子よりもやや安く設定されており、最終テストまでいくと200,000円となります。しかし入会金や年会費や男子よりも高く、入会金600,000円、年会費は72,000円です。男子の場合もそうですが、これらの費用以外に会場が全国であるため移動費や宿泊費が必要になります。さらにプレーフィも必要になるためプロテストを受験してから実際にプロになるまで100万円以上の費用が必要となります。しかもツアープロに合格できるのは、男女ともに3~5%とされています。ツアープロになるためには狭き門であることがわかります。さらにツアープロになっても、サポートがない場合は予選落ちだとまったく収入を得ることができません。プレーフィや宿泊費、移動費がかかる分赤字となってしまいます。そのため試合だけで生活ができるのはごく一部なのです。レッスンをしたり、テレビなどに出ているプロが多いです。

ティーチングプロになるためには

ティーチングプロの受験資格はツアープロのプロテストに比べて、受験資格が厳しくなっています。主な資格は以下の2点です。

・満20歳以上

・書類審査

「将来どのように指導をしていきたいか」といったタイトルでレポートを書く必要があります。このほかにプレ実技審査と実技審査があります。プレ実技審査は168ストローク以内(36ホール)、実技審査は158ストローク以内(36ホール)でなおかつ、100位以内です。これで終わりではなく、最終審査として面接試験と筆記試験があります。ルールテストや基本ゴルフ教本テストがあります。

 

 

プロテストに落ちたら次はどうするのか?

プロテストに落ちた場合はどうするのでしょうか。これまではプロテスト合格者以外でも、QTの上位に入ったら単年登録者としてトーナメントにでることができたのですが、2019年からは受験できる選手はかなり限定されてしまうのです。

不合格になった場合は、以下の3つの方法があります。

・QTに挑戦

・アマチュア資格を維持

・アマチュアを放棄している場合

QTに挑戦

不合格でも合格ラインから2打差以内、もしくはステップアップツアー優勝者、シーズン終了後にLPGA賞金ランキングで56位~70位に入っている場合はQTに挑戦することができます。出場権を獲得したら、レギュラーツアーやステップアップツアーに出場可能です。後藤未有選手や小貫麗選手がこの条件にあてはまります。

アマチュア資格を維持

アマチュア資格を維持して、アマチュアとしてレギュラーツアーやステップアップツアーに推薦出場することができます。しかしアマチュア資格をすでに放棄している選手が多いのが現状です。アマチュアを放棄している選手は、LPGA主催以外の試合で力をつける他、海外の試合にでることを考える必要もあります。

アマチュアを放棄している場合

アマチュアを放棄している選手は、LPGA主催以外の試合で力をつける他、海外の試合にでることを考える必要もあります。できるだけ実践を積んでおき、来年のプロテストに備えるのです。マイナビネクストヒロインツアーのように、LPGAに出場する権利がない選手たちを集めたトーナメントは日本全国で開催されることが多くなっています。しかしこの制度の変更のタイミングで、コロナ渦となってしまい各中止となるトーナメントが増えて、プロゴルファーを目指す選手たちにとってより厳しい状況となっているのです。

 

 

まとめ

プロの資格ってわかりづらいと考えている方もいらっしゃるでしょう。ゴルフのプロの資格にはツアープロの資格とティーチングプロの資格があります。またレギュラーツアーにでるための資格と、ツアーのプロの資格はまた異なります。QTや主催者推薦により、プロテストを合格していない選手が活躍することもあれば、ツアープロの資格を持っていても、ツアーになかなか出られない選手もいます。制度の変更により、プロを目指す選手にとってより厳しい状況となりました。コロナ渦によって、LPGA以外の試合も含めて中止になっておりさらに厳しい状況になっています。

 

 

\ この記事の感想を教えてください /