【ゴルフ初心者シニア必見】ゴルフ場で差が出る!ゴルフバッグが沢山乗せられる外車5選

ゴルフ場まで車で行くことも多くあるでしょう。そのためには、ゴルフバッグを載せらせる車が必要なのですが、それだけではなくせっかくならかっこいい外車でゴルフ場へ行ってはいかがでしょうか。この記事では、ゴルフバッグを載せられて、性能がよくさらにかっこいい外車をご紹介していきます。

ゴルフバックを載せられる車とは

ゴルフ場へ一人で行くことはそんなに多くはないでしょう。どうせなら仲間と行き帰りも一緒に行き、ゴルフ談義に花を咲かせたいですよね。そこでゴルフバッグを3~4つの載せられる車を選ぶとよいでしょう。ゴルフバッグはサイズにもよりますが、一般的に130リットルくらいです。そこで4つ載せようと思ったら、500リットル以上のサイズが必要になります。あとはトランクルームの形がバッグを取り出しやすいなども車を選ぶ時のポイントとなるでしょう。ゴルフ場は家から近いとは限りません。そのため運転しやすい車であることも重要です。シートや安全装置、車内の広さなどいろいろな要素を考える必要があります。またゴルフ専用車になることはほぼないでしょうから、普段使いができることも考えてください。最後に外車を選ぶ理由はかっこよさでしょう。これはそれぞれ好みがありますので、自分が気にいったデザインの車を選んでください。同じ車種でも年式によって大きくデザインが異なることがあります。外車は燃費が心配という方も多いかもしれません。しかし最近の外車は性能がよくなっており、燃費が良い車も多く登場しています。ゴルフへ行くときに使う車といっても、それだけのために車を買うわけにはいきません。つまり日常生活でも利用することも考えてください。

 

 

ゴルフバッグが沢山乗せられる外車5選

ゴルフを使用目的と考えると、まずゴルフバックを乗せらせる十分なラゲッジスペースが必要になります。さらに長距離乗る可能性もあることから、乗り心地の良さも十分に考える必要があります。最後にせっかく外車を選ぶのであれば、カッコよさ、デザインの良さも重要ではないでしょうか。これらの点を踏まえておすすめの外車を5種類ご紹介していきます。車の全長や全幅、燃費、トランクの容量なども詳しく記載します。

ボルボXC40PHEV

トランクの容量が460Lあるため、ゴルフバック4つでも十分に収納することができます。現在ボルボは電動化しており、XC40はプラグインハイブリッドであることから、満充電であればモーターだけでも50kmほど走ることができます。そのためゴルフ場まで距離が長い場合でも安心です。気になる燃費も13~14km/ L走るため、ゴルフ場までの距離があっても安心です。まだ普段使いも十分にできる車といえます。またコスト的にもほかの同じレベルの外車と比較をしても、リーズナブルな設定となっています。

トランク容量 460L
全長×全幅×全高 4425×1875×1660(mm)
燃費 13~14km/ L
価格 400万円~600万円

 

ルノー ルーテシア

欧州Bセグメント市場において、6年連続販売台数No.1を誇っているのがルノーのルーテシアです。大きな車を運転するのが苦手だけど、トランク容量は必要という方におすすめなのが、ルノーのルーテシアです。コンパクトサイズなのですが、トランク容量は391Lあるので、ゴルフバッグなどを十分載せることができます。もともとルーテシアは3ドアだったのですが、現在では3ドアはなくなり5ドアだけとなりました。見た目はスポーツカーの雰囲気がありますが、日常生活にも十分使える車なので一台あると便利です。コンパクトなスポーツカーといったところでしょうか。ひとつデメリットがあるとすれば、燃費が12.0km/ℓとさほどよくない点くらいでしょうか。しかしあくまでこの数値は街中であり、高速などを走る時はさらに伸びます。

トランク容量 391L
全長×全幅×全高 4075×1725×1470
燃費 12.0km/ℓ
価格 230万円~280万円

 

メルセデス・ベンツ GLE 350d

ラゲッジルームはスクエアであるため、ゴルフバッグの積み下ろしがしやすいのが特徴です。2段に重ねることで、ゴルフバックを4つ収納することができます。さらにリアシートを倒すことで、トランクの容量は2010Lになります。さらに車幅が1950mmあるので、ゴルフバックの出し入れも簡単です。センサーシステムは車の周囲360度をカバーしている、前走者との車間距離を自動的に空けたり、パーキングアシストリアビューカメラがあるなど、メルセデス独自のレーダーセールティパッケージを搭載しています

トランク容量 2010L(リアシートを倒した状態)
全長×全幅×全高 4815x1950x1795mm
燃費 12.9km/L
価格 868万円

 

メルセデス・ベンツ E220セダン

ミドルクラスのセダンなので、大きな車に不慣れな方でも安心して運転することができます。メルセデスのEクラスはCクラスと比較して一回り大きいサイズです。またメルセデスならではの安全装備、また自動運転技術も内臓されています。前走車との差異的な距離を維持する自動再発信機能や、ウインカーを点滅すると自動的に車線変更する昨日などさまざまな機能があります。燃費も21.0km/Lと決して悪くありません。それどころか外国車としては燃費がよいほうでしょう。気になるトランクの容量ですが、3個まで平積みして4個目を上に積むことで4個まで積載することができます。をE220シリーズは本革シートが採用されており、ゴルフ場まで長期より運転しても疲れにくいのがうれしいですね。

トランク容量 540L
全長×全幅×全高 4,930×1,850×1,455(mm)
燃費 21.0km/L
価格 700万円~750万円

 

フォルクスワーゲン・パサートオールトラック

トランク容量は639Lと同じタイプの車の中でもトップクラスです。SUVに比べて車高が低く、SUVが苦手な方にもおすすめのタイプです。またSUVのように車高が高くないことから、駐車場などで困ることもありません。広い室内でゆったりとすることができる他、荷室などにおいて機能性の高い車でもあります。トラベルアシストとよばれる運転支援システムは、あらかじめ設定しておいた車速内において前を走る車との車間距離の維持をサポートしてくれます。渋滞であってもあまりいらいらせずに運転をすることができるのです。さらに運転支援システムはこれだけでなく、IQ.LIGHTにおいて、対向車や先行車を検知すると自動的に32個あるLEDのオンオフを行います。そのため通常ライト、ハイビームなどの使い分けをすることなく暗い道であっても安全に運転をすることができます。薄暮プレーや夜間プレーをする方にとっても、安心して利用できる車なのです。外車だと燃費が心配という方もいらっしゃいますが、パサートオールトラックはリッターで17.3km走るので十分だといえるのではないでしょうか。

トランク容量 639L
全長×全幅×全高 4780×1855×1535
燃費 17.3km/L
価格 600万円

ゴルフをする時、自分で車を出すこともあるでしょう。そのためにはバッグが十分乗るスペースが必要で、遠い距離を運転することもあるので乗り心地がよいことも必要です。またせっかく外車に乗るのであれば、カッコよさも必要です。ここまで紹介した車は、格好良さもスペックも兼ね備えています。外車を探している方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

\ この記事の感想を教えてください /