初心者ゴルファー必見!知ればスコアに差が出る!難しいパターの打ち方を解説!

ウッドやアイアンはアドレスでスイングが決まってしまうほど、アドレスが大事です。しかしパターに関してはプロでも十人十色です。例えばフォロースルーを真っすぐ出さないプロも多くいるくらいで、入ればその打ち方が正しいと言われるくらいです。プロで上手いといわれている人でも、パターの打ち方をよく変える選手もいます。おそらく生涯同じ打ち方の選手はほとんどいないでしょうか。またグリップやパターの形などもさまざまであり、自分にとって合っているパターの打ち方を習得する必要があります。この記事ではパターの打ち方の基本をご紹介しますので、自分に合った打ち方を見つけるようにしてください。

パターでの打ち方

それでは自分の打ち方を見つけるために、パターを打つ時に考えるべきことをスイング前とスイング後、さらに練習方法をご紹介してきます。

・スイング前

・スイング後

・練習法

 

 

 

スイング前

パター時のグリップは、オーバーラッピング、逆オーバーラッピング、逆ハンド、クローグリップとあります。プロでも色々試す選手が多く、ドライバーやアイアンのように基本の形が決まっているわけではないことを頭に入れておいてください。逆にパターを構えるときNGなことはあります。構えた時に方向性を意識しすぎるのはおすすめできません。方向性を気にしすぎてスムーズなストロークができなくなってしまうのです。パターはアドレスや打ち方を気にするのではなく、スムーズにストロークをできる構えや打ち方を見つけることが大切です。実際にパターをする時は、距離感だけを意識することが大切です。方向に関しては、アドレスの時に意識するだけで、あとは意識をしなくても思った通りの方向に自然に打ち出すようでないといけません。ここまでスムーズなストロークをすることが大切と書いてきましたが、スムーズに打てるようになれば次のステップにすすみましょう。まず打つ前に「この場所からなら絶対オーバーはだめ」「傾斜が左から来ている」など状況を判断することが大切です。アドレスをしてしてから方向やラインなどを考えてようでは迷いが生じてしまいます。まずアライメントとよばれる目印を見つけることが大事です。芝の色が違っている部分でも目安はなんでもいいので、その目安に対して真っすぐにスクエアに構えてください。この時カップを気にしていると、顔があがっていまいヘッドアップにつながるので、カップとボールの中間地点くらいで目安を決めるようにしてください。フォーム自体は決まったものはありません。一点だけ基本としてあるのは、ボールは目線の真下においてください。

 

 

スイング時

打つ時ですが3メートル以上のパット(ゴルフの腕前にもよりますが)は、次にワンパットで入れられる距離まで打つことを考えましょう。スコアアップのためには3パットを避けることは重要です。打ち方ですが振り子のイメージで、スピードを一定にしてください。距離が長い、上り、逆目だからといって力をいれたりスイングを速くするのはよくありません。フォーム自体は色々あり、どれが正解というわけではありません。プロのトーナメントをみていても、フォームはばらばらです。しかしパットのうまい選手に共通しているのは、ストロークがスムーズであることです。ここまでスムーズなストロークをすることが大切と書いてきましたが、どうしても手先で打ってしまう方もいらっしゃるでしょう。その場合は脇をぐっとしめて、パターを打ってみてください。脇をしっかりとしめることにより、脇に意識がいき手先を動かすことが少なくなります。またひっかけなどをしてしまう場合は、クロスグリップ(右利きなら左手をヘッドに近い部分をもつこと)で打ってみてはいかがでしょうか。ここまで色々説明しましたが、パターの調子はプロでもその日によって調子が違います。練習グリーンの段階で、その日の自分の調子(ひっかけてしまうなど)とグリーンの速さなどの状態を見極める必要があります。ラウンド前に時間がない場合は、他の練習を短くしてもパターを練習を重要視するようにしてください。グリーンの状態は毎日変わるため、距離感が異なってきます。アマチュアの場合距離感があわないと、3パット、4パットの可能性もでてきます。

 

 

 

練習法

パターは自宅で練習をできるような、パターマットが販売しています。もしパターマットがなくても、真っすぐころがせるようなフォームを身に着ける練習を自宅ですることができます。練習方法ですが、ただカップを狙って打つのではなく、まずパターの素振りを何度も繰り返してスムーズにストロークできる打ち方を探すことに集中してください。マットなどを使って実際に打つ場合でも、方向性を意識することはありません。また「よくボールをみて」とアドバイスされることもありますが、あまりボールに意識がいき過ぎて自然なストロークができなくなってしまうと意味がないのです。パットをするとき、ひっかけてしまうなどのミスは迷いがあることが多いです。このためにもまずスムーズにストロークをすることを意識してください。それでも方向性は?と心配になる方もいらっしゃるでしょう。方向性に関しては構える方向でもうすでに決まっています。スムーズなストロークができればあとは距離感と方向です。スムーズなストロークができるようになったら、次にフェースの向きや打ち出す方向が正しいかを確認をします。真っすぐに向けるような器具を使ったり、ボールの左右にティーをさして打ち出し方向が目標に向かって真っすぐかどうかを確認します。

 

 

これらの器具を使って打ち出し方向を確認したら、器具を外してうってみましょう。次に距離感ですが、こちらも手先で強弱をつけることはしないでください。手先だけだとパンチが入ってしまって思った以上にボールが転がってしまいます。あくまでスイングの速さは一定にしてください。アプローチと同じように、ふり幅だけで距離感をつかんでいきます。

まとめ

どれだけ飛ばしても、アイアンショットが正確でもパットが入らないとスコアになりません。プロのトーナメントでもパットが入らないで、優勝を逃して選手は数多くいます。ロングパットを3パットしたり、1メートル以内を外したり悔しい思いをしたプレイヤーの方は多いのではないでしょうか。パターは打ち方が決まっておらず、自分にあった打ち方を見つけることが大切です。自然にストロークをすることができるのが、自分にあった打ち方です。ストロークの途中で、フェースの面や方向性などを意識しすぎているようであれば安定したパッティングになりません。練習時間の半分以上はパターに費やしているといったトッププロは大勢います。それだけパターは奥深いのです。

\ この記事の感想を教えてください /