【ゴルフ初心者必見】9番アイアンやPWなどのショートアイアンを上手く打つ方法を徹底解説!

「9番やPWなどのショートアイアンで届く距離なら、プロみたいにピンを一直線に狙うショットを打ちたい・・・」とは思いませんか。当記事では、ショートアイアンのショットにおいて、起こりやすいミスの原因、対策、及びピン筋(ピンの方向)に打つためのテクニックを解説します。

ショートアイアンで方向性を出す技術

ショートアイアンの最大のポイントは「振りすぎないこと」です。アマチュアのゴルファーがショートアイアンでプッシュアウトしたり、引っ掛けたりする原因は振りすぎにあります。ショートアイアンは、縦の距離と、横の方向性を合わせることが特に重要になるクラブです。

単純なことですが、縦の距離と横の方向性を合わせるにはしっかりと芯でインパクトすることが大切です。しかし、インパクトでボールに当てようとすると手打ちになり、ミスに繋がります。大切なことは自動的に当たるアドレスを作り、無駄な動きを一切入れないスイングをすることです。短いアイアンこそシンプルな動きが必要になり、それがピン筋ショットに繋がるのです。

それでは、何を意識してスイングを行うと、無駄がない、方向性が出るスイングができるのでしょうか。

右腕を長く使ってフェースを返さずに振る

ショートアイアンはロフト角が大きく、ボールがつかまりやすいという特性があります。言い換えれば引っかけのミスが出やすいということです。ショートアイアンの方向性を正確に出していくには、フェースの面をできるだけ変えずにスイングすることが重要です。

そのためには、フェースをターンさせる動きをしないように、右手首の角度を保ったままスイングする必要があります。

具体的には、テークバックは手首のコック(テークバックで親指に方向に手首を曲げること)を入れずに行います。切り返し後は右手首の角度を変えずにコンタクトし、右手の手の平でボールを押すようにインパクトを行います。その際に、右肘が体の近くを通るようにスイングするという意識を持ちましょう。

▲手首のコックを入れずにテークバックをしましょう。
右腕の長さを変えずにゆっくり上げるのがポイントです。

▲右手首の角度を変えずにボールにコンタクトしましょう。
当てようとせずに振り切る意識を持つことが大切です。

▲右手のヒラでボールを押すようにインパクトをしましょう。
右ヒジが体の近くを通るようにスイングするという意識が必要です。


フォローでヘッドをピンに向けていく

上記した通り、方向性を高めるにはフェースの向きをできるだけ変えないままスイングすることが大切です。そのためには、体を大きく使い、インパクトからフォローにかけてヘッドをピンに差し出すようにスイングします。そこで、インパクトを意識しすぎると手打ちになってしまうため、フォローの形を意識するようにしましょう。

この際に、体が突っ込んでしまう動きと、アドレス時の両腕の三角形が崩れてしまう動きからミスショットになることが多いので注意しましょう。

▲自分が打ち出したいラインを想定して、きっちりアドレスすることが重要です。
ヘッドを打ちたい目標に向けることで格段に方向性がアップします。

▲フォローでは右腕を伸ばすように使って、フェースをできるだけ目標に向けていきましょう。

▲インパクト後はフェースが返らないように意識しましょう。
このとき体が突っ込まないよう、注意が必要です。

▲アドレス時の両腕の三角形を崩さないという意識で振ると、フェースは返りにくくなります。

スイング中は頭の位置を動かさない

ミスショットに繋がる原因として、「スイング中に頭が動く」が挙げられます。頭が動かないスイングをすることで軸の回転が安定します。その結果、素直なストレートな球筋が生まれるのです。そのためにも、インパクトの後にボールを追いたい気持ちを我慢して、打った後もボール位置を見続けるくらいの気持ちが大切です。

▲打った後もボール位置を見続けるくらいの気持ちが大切です。

つま先下がりの打ち方のポイント

傾斜があるライでのショットにおいて、共通して重要なことは「いかにバランスを崩さずに振るか」です。傾斜であってもフェースを返さない動きが基本となり、また、手打ちにならないように注意することが大切です。つま先下がりのライは通常スライス系のボールが出やすいですが、同時にアウトサイドからヘッドが入りやすいという特徴もあります。つまり、つかまりが良いショートアイアンでは左へのミスが出やすいライでもあります。

それでは、つま先下がりのライでは何を意識すればよいでしょうか。

シャット気味にフェースを上げる

まずは、ピンに対してスクエアにアドレスを取りましょう。そして、あくまでもイメージですが、テークバックではフェースを閉じながら上げて、フォローは開きながら振り切るというイメージを持ちましょう。このような動きを意識することで、ヘッドがストレートに動く時間が長くなります。手先の動きを使わずに、体の回転を主体にスイングすることを重視してください。

▲フェースを閉じながらテークバックを取ると、飛球線後方に真っ直ぐヘッドが上がります。

そうすると、フェースの開閉を抑えられるため、ストレートにヘッドを動かすことができます。
テークバックでフェースを開きながら上げると、次は戻す動きが必要になり、無駄な動きが増え、ミスショットに繋がります。

ヒザの高さを変えずに振り切る

ツマ先下がりのライでは重心が前にかかるため、バランスを崩しやすいです。そのため、ヒザに柔軟性を持たせ、ヒザの角度をキープし、体とボールの距離が変わらないようにスイングすることが大切です。その際に、手先だけで振ると引っ掛けが出やすくなるので注意して下さい。

▲ヒザの高さをキープしたまま振り切れれば、体とボールの距離は変わらないため、しっかりとミートができます。

▲ヒザが伸びると、ボールと体の距離が変わってしまうため、ミスになりやすいです。

つま先上がりの打ち方のポイント

つま先上がりのライはボールが足下よりも高い位置にあるため、横振りになりやすいという特徴があります。つまり、引っ掛けのミスに注意が必要で、フェースターンを最も抑えなければならない傾斜です。それでは、つま先上がりのショットのポイントを解説します。

フェースの開閉を抑えながらインパクトする

つま先上がりは引っ掛けが出やすいライです。特に、つかまりやすいショートアイアンは注意が必要です。そのため、フォローでフェースが返らないようにスイングしましょう。ここで、無理に振り切る必要はなく、ボールを右手で押し出すイメージがいいでしょう。体の回転を重視してスイングをするのがポイントです。

▲フェースが返らないように振るにはヘッドを手首の動きで走らせないことが重要です。体の回転を重視しましょう。

フォローでフェースを返すと左に出て、さらに左に曲がるミスショットになってしまいます。

目とボールの距離を意識しながら打つ

つま先上がりはボールとの距離が近くなるため、無意識に体が起き上がってしまいます。体が起き上ると、ボールに届かずにトップになるようなミスが発生します。ボールとの距離を保つポイントは前傾角度を変えないことです。他のショットにも言えることですが、胸をボールに向けたままインパクトすると前傾角度は変わらないため、意識をしましょう。

▲ボールを胸で見続けるようにスイングをすると、前傾角度がキープされて正確なインパクトが可能となります。

▲つま先上がりのライでは、テークバックで踵に体重がかかりやすく、上体が起きやすいです。

この動きがあると、ボールに届かずトップになってしまいます。

左足下がりの打ち方のポイント

左足下がりと左足上がりは、体が左右にぶれやすいライです。状況によっては傾斜に逆らってアドレスすることもありますが、基本は傾斜なりにアドレスを取りましょう。左足下がりは低いボールが出やすいという特徴があります。そこで、球を上げようとする動きは厳禁です。ヘッドを低く出して、打ち出し角を低くするという意識を持ってスイングをしましょう。

やや上目からヘッドを入れる

左足下がりはボールの後ろ側が高いので、やや鋭角にヘッドを入れるイメージを持ちます。ただし、鋭角に打ち込むのではなく、あくまでも傾斜なりに低くヘッドを振り抜くことがポイントです。若干のアウトサイドイン軌道を意識すると、適度に上からヘッドを入れることができます。

▲左足体重のまま上げられる位置まで手元を上げます。

無理に大きく振りかぶる必要はなく、手首の形もキープさせましょう。

右足寄りに置いて早くコンタクトする

左足下がりのライの際は普段よりボールを一個分右足寄りにセットしましょう。左足下がりは手前をダフリやすいので、最短距離でボールにコンタクトするためです。ただしこれを過剰に行ってしまうと、入射角が鋭角になりすぎるミスに繋がるため注意が必要です。

▲ボールを右目に置くことで、早くコンタクトでき、ダフリにくくなります。

具体的には右足カカト前あたりが目安です。

左足上がりの打ち方のポイント

左足上がりのライでは、高いボールが出やすいという特徴があります。右足に体重が残りやすくなるため、ボールが上がりすぎることに注意です。左足下がりと同様に、ヘッドを低く出して打ち出し角を低くする意識を持ちながら振りましょう。

傾斜なりに立つと距離感が合いやすい

傾斜なりにアドレスする理由は、フィニッシュまで振り切りやすくするためです。振り切ることで、フェースに長くボールが乗るので、距離感が合いやすくなるのです。インパクトで終わりのスイングでは、スピン量もバラバラで距離を合わせるのが難しくなるため、フィニッシュまで振り切りましょう。

▲傾斜なりに構えて傾斜なりに振り抜きましょう。左足上がりはやや上に振るイメージです。

芝が薄いなどの状況であれば傾斜に逆らって立つこともありますが、リスクが高いため、基本は傾斜なりにアドレスします。

手首の角度を保ち低く滑らせる

左足上がりで気を付けたいことは、ボールが高く上がりすぎてしまわないようにすることです。その原因は、体重が右足に残ってしまうことにあります。左に体重移動をしにくいライではありますが、しっかり振り切ることを意識して、右肩を目標方向に向けていきましょう。また、ヘッドは低く長く、傾斜なりに振り抜いてください。

▲フィニッシュまで振り切ることによって、縦の距離感が合います。



まとめ

いかがでしょうか。当記事では「ショートアイアンで方向性を出す技術」と「傾斜の特性およびそれぞれの打ち方」を解説しました。これらを意識したスイングを行い、ショートアイアンを打ちこなせるようになりましょう。

\ この記事の感想を教えてください /