【アメリカ・ダラスのゴルフ事情】新型コロナウィルス感染症蔓延中のPGA、LPGAツアー観戦についてダラス・ゴルユキに聞いてみた#2

みなさま、ご無沙汰しています。ダラス・ゴルユキです。お陰様で『ぎっくり腰』は治りました。整体とか針治療に通いましたよ。聞いてはいましたが、ぎっくり腰はキツイ。背中と腰のあたりの筋肉のスジの炎症と思うのですが、その辺りの筋肉は寝て起き上がる時に使われる筋肉で、しかも歩く際に微妙なバランスをとる時にも使う筋肉、それを使う度にシャープな痛みが襲います。首スジを寝違える、ってありますよね。首を動かすと、ギャーって痛いじゃないですか。あれが背中・腰の筋肉に起こる感じです。皆様も充分気を付けて下さい。

PGA、LPGAツアー観戦について

さて今回は皆様に、ダラス近郊で開催されるPGA、LPGAツアー観戦についてお話ししたいと思います。

日本でプロのゴルフツアー観戦をした事はないのですが、ダラスでは年に2回の男子ツアー、1回のレディースツアーが、車で1時間も掛からないゴルフクラブで開催され、私の仲間の多くもプロのプレーを間近でみる為に観戦にいきます。こちらでは、プロのツアーを観戦するのはゴルフのファンにとって極々一般的で、簡単に観戦できます。今年は新型コロナウィルス感染症対策の為、入場者数が制限され、チケットの入手も難しく、また料金も高額になりましたが、普段はチケット代(曜日によって料金が異なったり、4日間いつでも入場できるチケット等もあり、まちまちですが)も数十ドル。チケットはPGAのサイトから購入可能。

当日は車でコースの近くまで行って、所定の大きな駐車場に車を駐車、そこから開催者側が準備した乗り合いバスでコースまで行きます。チケットで入場した後は、自分のお目当てのプレーヤーをフォローするのも良し。1番ティーのスタンド席で、全プレーヤーのティーショットを勉強するも良し。各プレーヤーがスタート前の練習を、レンジ、チッピンググリーン、パッティンググリーンでジックリみるのも良し。スポンサー企業が出展しているブースに立ち寄って、ゲームして景品を貰うも良し。仮設テントの下で、ビールやアメリカンフードで喉と腹を満たすも良し。またPGAスポンサーの会場ゴルフショップに立ち寄って、大会のロゴ入りのポロシャツ、ボール、マーカー等々のお土産をショッピングするのも良し。観戦ツアーの楽しみ方は、行った人にはよくわかると思いますが、てんこ盛りです。

AT&T Byron Nelson(AT&Tバイロン・ネルソン)

5月13日-16日に、バイロン・ネルソンがダラス近郊のMcKinney郡にある、TPC Craig Ranch Golf Clubで開催されました。当クラブはプライベートクラブで、メンバーか、メンバーと一緒でないとラウンド出来ないコース。実は知り合いでメンバーがいた時期がありまして、以前2回程度同コースでラウンドしたことあります。当然ですがとっても綺麗で、芝・グリーンの状態抜群、戦略的なコースデザイン。チャンスがあれば、また是非ラウンドしたいコースの一つです。私の自宅から、車で30程度の距離にあります。

今年は新型コロナウイルス感染症対策の為、観戦者の入場者数を絞っていて、気が付いた時にはチケットの価格がネットで$425まで高額に。。。。Mastersで優勝した松山プロも参戦という事で、絶対行きたかったのですが、ちょっと手が出ませんでした。それでも友人に最終日の日曜日の入場チケットを入手して貰っていたんですが、当日雨で二の足を踏んでしまいました(すいません。雨は嫌いなんです、、、)。代わりに土曜日に観戦に行った友人が撮影した写真を譲ってもらいました。

テレビで応援していたんですが、松山プロ…残念でした。12アンダーの39位タイ。この週の次の週に、Majorの一つである全米プロゴルフ選手権にも松山プロは参戦するのですが、これもまた残念な結果に。世界の一流プロと戦って優勝する、という事は、とっても大変な事ですよね。週末にゴルフ仲間とラウンドして、ベスグロ採るのとは、ワケが違いますよ。是非、松山君にはこれからも頑張ってもらいたいと思います。

Charles Schwab Challenge(チャールズ・シュワブチャレンジ)

5月27日~30日は、ダラスの東隣町のフォートワースで、チャールズ・シュワブチャレンジがColonial Country Clubで開催されていました。自宅から車で約40分程度の所にある、これもまたプライベートコースです。今年はダラス地元出身のJordan Spiethさんが3日目迄トップで、大いに盛り上がりました。が、最終日3オーバーで2位で優勝できず。残念でした。

Volunteers of American Classic (ボランティアズ・オブ・アメリカクラッシック)

また、7月1日~4日は、LPGAのアメリカクラッシック が、Old American Golf Clubで開催されます。毎年日本のレディースプロも数名参加。今年も発表は未だだと思いますが、何名か参戦するのではないでしょうか。是非観戦したいツアーですね!(観戦出来たら、是非、みなさまに写真付きでレポートしますね!)冒頭でお話ししましたが、ここTX州ダラスでは、簡単にプロのツアーが観戦できる環境にあります。自宅から車で30分程度の距離にあるゴルフクラブで、チケットの購入も簡単(今年はコロナで料金高め)。また、ツアーの観戦には、プロのラウンドや練習を目の前で見る、だけではなく、ゴルフ仲間や家族と一緒に行って、ショッピングや、食事、喉が渇いたらお日様の下、緑の中でごくりと飲むビール、楽しみ満載です。ゴルフというスポーツが、アメリカでは、子供の時から極々身近にあります。アメリカのゴルフプロたちは子供の時からお父さんに連れられてレンジやコースで楽しみながら練習し、PGAのツアーを観戦して夢を抱きながら上手くなってきたんでしょうね。羨ましい環境です。

みなさんも是非機会があれば、アメリカのPGAツアー観戦をスケジュールに入れた旅行をしてみては如何でしょうか?ついでに、近辺のゴルフコースでのラウンドもいいですね。アメリカでは夏にはサマータイム制をとっていますので、7月、8月等は、夜の8時半ごろまではラウンド可能。1日2ラウンドはできますよ!ダラスにお越しの際は、お声をお掛け頂ければ、ご希望にあったコースをご紹介しますよ。それに向けて、腕を磨いておいてくださいね~!

アマチュアのトーナメント

プロのPGA、LPGAのツアーも毎週末開催されているこの時期ですが、多くのアマチュア・トーナメントの開催も、毎週、近辺の何処かのゴルフコースで開催されているんです。こちらの方は、ちょっと日本からの旅行の際に予定に組み込む事は、現地に知り合いの方がいない限り難しいかもしれません。実は、お話しするつもりはなかったんですが(成績が悪かったもんですから。。。)、先週、私も友人と一緒にローカルのアマチュアトーナメントに参加したんです。The Courses At Watters Creek、というクラブで開催されました。参加人数は40名程度の小さなトーナメント。参加者のレベルは中級~上級レベル。

競技、というより、ゲーム、の方に近いと思います。今回参加したトーナメントはScrambleルールを適用。このルールでは、ペアの人と打ったボールのどちらか良い方を選んで、選ばれなかったボールを打った人も、良い方のボールの位置にボールをドロップしてカップインまでプレー。ペアのホールのスコアが決まります。このルールでやると5アンダーとかいう信じられないスコアで上がってくるペアもいて、各ペアが競ってパー、バーディーを狙ってプレーしてきますので、その点は『競技』の側面があります。また、ゴルフは個人競技ですが、このルールでやるとペアでの競技となり、ペアで大いに盛り上ります。

また近いうちにこういうアマチュアのトーナメントに参戦し、成績良ければ(絶対にいい成績を出してやる~!)、みなさまにアマチュアトーナメントの参加の方法、ルール、実況等々、報告させて頂きます。

それでは、みなさま、次回をお楽しみに。Enjoy your round!

\ この記事の感想を教えてください /