【日焼けは絶対したくない!】ゴルフに必須!夏の紫外線対策5選

いよいよゴルフのベストシーズン到来ですね!少しずつ陽射しが強くなってきますけれど、紫外線対策はちゃんとやっていますか?

「夏だけ気をつけていれば大丈夫でしょ?」そんなふうに考えている人は要注意です。

紫外線のピークは確かに7~8月ですが、3月から急激に強くなり出し、5月にはピークの9割に達します。ということは、ゴルフシーズンが始まる春からしっかり紫外線対策をしておかなければなりません。

紫外線の影響は、すぐに出てくるものから、ずっと後になってから響いてくるものもあります。後悔しないように、今のうちから紫外線対策を始めましょう。

紫外線って一体どんなもの?

紫外線は、波長の長さによって紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)、紫外線C波(UV-C)に分けられます。その中で、地表まで届いて人体に影響を与えるのはUV-AとUV-Bです。

UV-Aは生活紫外線と呼ばれ、波長が長いため皮膚の真皮まで届きます。洗濯物干しといった日常生活や、ガラス越しに長時間浴びることでもダメージを受けてしまいます。UV-Aの量は、1年間での変動は少なく、4~9月が強い時期で、冬でも半分くらいにしか下がってこないので、1年を通して対策が必要です。

UV-Bはレジャー紫外線と呼ばれていて、非常にエネルギーが強く、また散乱性が高いため、あらゆる方向から肌にダメージを与えます。UV-Bは、7~8月が強さのピークですが、近年は気候の変化で3月くらいから一気に強くなり始めます。冬になるとだいぶ量が減って、影響も弱くなります。

雲は太陽光を遮ってはくれますが、薄曇りの場合でも快晴時の8~9割程度のUV量があり、曇りでは快晴時の6割はありますので、雲があっても十分注意が必要です。

また、紫外線には太陽から直接届くもの以外に、空気中で散乱したもの、地面や建物から反射したものがあります。芝からの反射率は10%以下で少なめですが、ゴルフ場でも下からの紫外線に気を付けましょう。

紫外線対策が大切なワケ

米国皮膚科学会では、老化の原因の80%が紫外線の影響だと考えられています。紫外線を浴びると、皮膚で活性酸素が発生し、この活性酸素が皮膚の細胞にダメージを与え、コラーゲン繊維やエラスチン繊維の分解を促進させるので、乾燥やしわ、たるみを引き起こ、肌の老化が進んでしまいます

また、特にUV-Aは、メラノサイトを活発にしてメラニンを生成させるので、サンタン(皮膚の黒化)を起こし、シミの原因になります。

UV-Bは、皮膚表面に強いダメージを与え、いわゆる日焼けを起こし、皮膚が赤くなったり、ひどい場合にはやけどと同様の水疱ができたりもします。遺伝子も傷つけてしまうので、皮膚がんのリスクにもなりうるので注意が必要です。

これくらいは準備を!おすすめの紫外線対策グッズ

紫外線が単なる日焼けだけではなく、しわやたるみといった老化や、皮膚がんの要因となりうる怖いものであることが分かったところで、ゴルフに行くならこれくらいは準備しておきたい紫外線対策について紹介します。

◆キャップ

熱中症や頭部外傷への予防だけではなく、頭部と髪の紫外線予防にも大切です。つばの広い遮光性の高いキャップであれば、顔の日焼け予防にもなります。サンバイザーは頭頂部があいているため、後述する日傘や日焼け止めスプレーなどで対策する必要があります。

◆日傘

最近はゴルフ用に大きめで遮光性と通気性に優れた日傘がいろいろと登場しています。紫外線対策には黒っぽい日傘のほうがおすすめです。黒のほうが紫外線の吸収がよく、白は紫外線を乱反射させてしまうので、紫外線が日傘の下にも届きます。傘の裏地も遮光性が高いものを選ぶとよいでしょう。

◆UVカットウェア

ゴルフウェアそのものにもUVカット機能がついているものもありますが、おすすめなのがUVカット機能付きのインナーウェアです。重ね着すると暑そうな印象を与えますが、夏用のインナーウェアはUVカット機能だけではなく、吸湿速乾機能でいつもサラッとした着心地で、接触冷感効果があるものはひんやりとして、暑くても快適に過ごせます。日焼け止めクリームをこまめに塗るより、長袖のインナーウェアを来ていたほうが断然ラクで、プレーに集中できると思います。

◆日焼け止め

日焼け止めを選ぶときは、SPFやPAといったサンケア指数を参考にして選びましょう。SPFはUV-Bの防止効果を表す数値で、PAはUV-Aの防止効果を表します。ゴルフ等の屋外レジャーではSPFは50前後、PAは3+~4+のものを選び、2~3時間おきに塗りなおすことが重要です。

また、汗をかくのでウォータープルーフ仕様のものがおすすめ。スプレータイプは髪にも使え、メイクの上からでもOKなので、ラウンド中は便利です。

あと、意外に忘れがちなのが唇の紫外線対策。唇が日焼けすると、乾燥して皮むけしたり、くすんだり、ひどいときは赤く腫れてヒリヒリしたりするので、UVカット効果のあるリップクリーム口紅をこまめに塗りなおすようにしましょう。

◆サングラス

まぶしさを軽減するためにサングラスをする人も多いと思いますが、目も強い紫外線を浴び続けると、白内障や黄斑変性症といった病気の原因になることがあるので、大切な目を守るためにもサングラスの着用を心がけましょう。

まとめ

ゴルフシーズンは常に紫外線のリスクがついてまわります。紫外線は老化を促進するので、できるだけ浴びないように予防すべきです。ラウンドの際はしっかりと紫外線対策をして、いつまでも若々しくプレーしましょう!

\ この記事の感想を教えてください /