ガーミンS62/ブラックとホワイト

GPSスマートウォッチを使ってラウンドしているゴルファーが増えてきましたよね。実際に私のゴルフ仲間も使用していて、いつも使用を勧められるのですが即決できる値段では無いので、「欲しいなぁ」と思いつつも二の足を踏んでいました。今回はガーミン​ゴルフウォッチのフラッグシップモデル「Approach S62」をお借りして、実際に使ってみました。

Garmin ​Approach S62

ガーミンはもともとGPSを利用した航海、航空ナビゲーションを提供している会社です。「Approach S62」はその技術をもとに世界42,000以上のゴルフコースが登録されており、コースレイアウトはもちろん、スコア管理などゴルフに必要な機能が搭載されたSPSスマートウォッチです。またゴルフ機能だけはなく、心拍計やウォレット機能もあるので、ゴルフ場以外でも活躍してくれます。

サイズ感

早速取り出してサイズ感をお伝えします。まずはその厚さ。だいたいiPhoneと同じくらいの厚さなので、少し厚めの時計といったところでしょうか。

次に重量。実測で61gでしたので、そこまで重くは無いですね。付けていて気になるということはなかったです。

こちらが実際に腕に装着したサイズ感です。少し大きめの画面は操作性も鑑みてのことかと思いますが、普通に使う分でも全く違和感のないサイズです。

充電は専用コネクターを接続します。USB端子なので気軽に充電できますね。

アプリ ガーミンゴルフとの連携

ガーミンは専用アプリをダンロードしてリンクさせることにより、データの蓄積や分析ができるようになります。スマホから初期設定を開始。

アプリを立ち上げてユーザー登録をして、デバイス(ガーミン S62)とペアリングをしたら完了!

早速ラウンドしてみました

実際のコースに出たら、ゴルフ機能を立ち上げ、コースを選択してください。今回は千葉県にある千葉セントラルゴルフクラブのAコースに来ました。

ティーイングエリアにてガーミンをチェックし、ホール全体のレイアウトを確認中。この日は晴天でしたが液晶画面は色までしっかりと認識できました。

1ホール目はロングのパー5となっています。

ハザードの池もちゃんと表示されていますね。

次に手前のバンカーまでの距離をチェックして、早速ラウンド開始しました!

ラウンドを開始して最初の方は慣れていないので、いろいろなボタンを押してしまい、見たい情報を探すのに少し手間取りましたが、3ホール目くらいからは徐々に慣れてきましたよ。

時々、ガーミンの計測とホール表示を確認。その正確性にGPS距離計測の性能に驚きます。

画面タッチも、画面サイズがちょうど良い大きさなのでストレス無く操作ができます。

突然ですが、ラウンド中によく使った機能を2つご紹介します。

まずこちらはピンポインター。常にピンフラッグ方向を指してくれるので、崖下や障害物がありブラインドになっている場合でも、正しい方向を知ることができます。

そしてこちらは風向きと風速を教えてくれます。数値化されているので、イメージがわかりやすいです。

こちらはアプリの情報です。ラウンドを選択し、スコア情報やフェアウェイヒット数、パーオン率、パット数が記録されます。

今回コースにて使用しましたが、操作に関しては慣れるまで3ホール程かかりました。ボタンが3つでシンプルなのですが、それが逆に直感的に慣れるまでに少し時間が必要です。一旦慣れてしまえば問題なく使用できます。そしてその機能なのですが、シンプルに凄いの一言です。距離計測はもちろんのこと、コース情報の細かさなどや使い勝手の良さは驚きです。ラウンド中、特に必要もないときにでも、ついついガーミンを覗いていました。そしてもう一つ細やかな気配りが効いていたのが、ベルト部分です。今回は左手に装着してラウンドしたのですが、全くズレることなくしっかりとフィットしていました。

ベルト穴を通すループの中にフックのような突起があるので、がっちりと固定できます。

ガーミンラウンドレポートは森山洋平コーチによるこちらもご覧ください(S42)

ガーミンコネクト

ガーミン アプローチS62はゴルフ機能だけでは無く、普段の健康をサポートする機能も充実しています。

・天気・通知(スマホ連動)・イベント・日没時間・心拍数・ステップ数・ゴルフパフォーマンス・BODYバッテリー・血中酸素・ストレス数・消費カロリー・週間運動量・アクティビティ記録・ミュージックコントロールなど

つけているだけで、これらの数値を計測しています。偶然ですがちょうど誕生日でした。

アプリではこのようなグラフで各項目が1日単位から1年間まで記録、可視化できます。

アクティビティ

ガーミン アプローチS62はゴルフ以外にも様々なアクティビティをサポートできます。今回はその一端ではありますが、ウォーキングを試してきました。

まずは「ウォーク」を選ぶと自動的にGPSを検知します。こちらの画面になれば準備完了。早速近所の川沿いの公園を歩いてきます。

近所の公園は休日の朝の光の中、紫陽花が綺麗に咲いており、ウォーキングやランニングなどを楽しんでいる人が行き来しています。

少し頑張って歩いてみました。距離にして7km、時間で1時間半程度のウォーキング。

早速アプリにはアクティビティとして記録されました。GPSによる今回の軌跡がペースとともに記録されています。そして、今回はデモ機だったのでウォレット機能は使っていないのですが、S62には搭載されています。ウォーキングやランニングはなるべく財布や小銭などは持って行きたくないで、こちらの機能が使えれば非常にありがたいです。

クレジットガード/デビットカードもしくは、交通系のSuicaと連携できます。

ユーザー視点で作られているスマートウォッチ

スマートウォッチはかなり豊富な種類があります。その中で今回使ってみたS62はゴルファーがラウンド中に知りたいと思う情報を簡単に、さらに非常に正確に教えてくれるので、ついつい常にチェックしてしまいます。また、健康サポート機能についても、ただ付けているだけで日常の情報を記録・可視化してくれるのでわかりやすくて管理できそうです。細かな設計は、ゴルフはもちろんスポーツのユーザーの立場から考えて作られていると実感しました。

ゴルフのラウンドや普段の健康サポートを快適に楽しみたいという人は、ぜひ試してみてください。

〒290-0217 千葉県市原市松崎281-1 TEL 0436(36)1155(コース予約)

ベントグリーンの他、日本ではあまりないバミューダグリーンもあるのが特徴です。メンテナンスの行き届いた3コース(Aコース、Bコース、Cコース)・27ホールは、池や自然の地形を活かしたダイナミックな設計で戦略的に楽しめます。

今回はお昼にオススメのカレーをいただきました。スパイスが口の中で香り、大変美味しくいただきました。

 

\ この記事の感想を教えてください /