着るクーラー!? ソニー「REON POCKET 2」を試してみました!

ゴルフは屋外でのスポーツなので、季節や天候などの変化を全身に受けながら楽しむことができるのが醍醐味の一つですよね。しかし、夏の照りつける暑さの中でのプレーや、冬の身の凍るような寒さのかなでのプレーは正直つらい。そんなつらい状況のプレーは少しでも快適にしたいですよね。夏であればしっかりとした水分補給とともに気化熱を利用したウェアや氷嚢を用意したり、逆に冬であれば暖かい飲み物とカイロでしょうか。

今回はそんな状況を少しでも快適にしてくれるデバイスがあるというので、実際に使ってみました。

ソニーのウェアラブルサーモデバイス

“着るクーラー”のコンセプトのもと、ソニーから発売された「REON POCKET 2」。首もとなどの肌にあてることでCOOLモードの時は冷やし、WARMモードの時は温めることができます。こちらは2代目になり、吸熱性能が2倍になりました。

裏面はこのようにステンレススティール製の冷温部が直接肌に接触する事により、体を冷やしたり、温めたりします。私は勝手に勘違いをしていたのですが、このデバイスは冷風や温風が出るわけではなく、接触冷感・温感として温度をコントロールします。

サイズ感

早速開けてサイズ感を調べてみました。右がREON POCKET 2で左が普段仕事で使っているパソコンのマウス。

大きさや高さなどほぼ同じですね。片手にすっぽりと収まるサイズです。

USB充電

本体と付属の充電コード(USB Type-C)と冷温部に貼るシリコンコーティングシートが付いています。

こういうシートを貼り付けるのが苦手な私ですが、今回は上手く貼れたと自画自賛したくなるような出来栄え。

それでは充電を開始。説明書によると約2時間30分程度かかる模様です。USB接続なので、パソコンにつないでみました。充電中は仕事をしながら待ってみます。

専用アプリと連携

本体の充電が完了したので、スマホアプリの「REON POCKET」をインストールしました。このアプリと本体を連携させる事によって操作ができるようになります。

BLUETOOTHで連携

アプリを立ち上げ、BLUETOOTH接続で本体とリンクさせます。本体横に付いているボタンが青に点滅したらリンク完了。非常に簡単にできました。

4つのモード

アプリのインターフェースは非常にシンプルで使いやすそうです。こちらはCOOLモードとFANモード。画面上部にあるタブでモードを切り替えます。

そしてMY MODEとWARMモードの4種類のモードです。MY MODEは冷えすぎる時などに途中停止時間を設ける事で好みの温度レベルに調整ができるようです。

実際のラウンド

だいたい使い方がわかったので、後日ラウンドで使ってみました。取材の日は天気も快晴で最高気温が30度でした。

対応シャツに装着

今回はデサントの対応ゴルフウェアを着てラウンドします。

と、ここで思わぬ誤算。説明書の通りにまずウェアを着てからデバイス本体を首元のポケット部分に入れるのですが、これが一苦労しました。吸気口と排気口を確保してまっすぐ入れるのが難しい・・・。先にデバイスを入れてからウェアを着た方が良かったかも。

なんとか装着完了。このウェアは背面のポケットの部分が違う生地になっており、白い切り返しになっています。デバイスもデザインの一部のようになっていておしゃれに見えます。

横から撮影。首元にスティールステンレス製の冷却部が直接当たるので、最初はヒヤッと驚きますが、だんだんと慣れてきます。

ラウンドスタート!

ではラウンド開始します。この日は千葉セントラルゴルフクラブでラウンド。

とにかくその日は暑かったので、COOLモードのレベルMAX(4)に設定しました。

ちなみにこのREON POCKET2の最長連続動作時間は60分となっています。通知も「OK」にセット完了。

バンカーにはまったり、

アプローチが寄らなかったり、

ドライバーが曲がりまくったりと、いつものラウンドをしました。

ラウンドの途中でカートに乗っているときに丁度60分が過ぎたようで、プッシュ通知がスマホに表示されました。再度アプリを操作して、もう一度スタートしました。

再開して少しプレーを進めていたら冷却機能が弱くなった気がしたのでスマホアプリをチェックするとバッテリー切れの表示。プレー中でしたので正確な時間は分からないですが、COOLモードのレベル4だと1時間20〜30分程度のバッテリーの持ちでした。

ラウンド終了後調べたところ、COOLモードのレベル1で約4時間、レベル2で約3時間、レベル3で約2時間、レベル4で約1.5時間の充電池持続時間とありました。

クラブハウスにて持参したモバイルバッテリーをつないで再充電。今回はハーフラウンドだったのここまでです。ラウンド中はプレーに集中し過ぎていたせいか、そこまで強く冷気を感じることは無かったんですが、取り外した時に首元がひんやりと冷たくなっていて、しっかりと冷やして切れていたことを実感。

デサントゴルフ「g-arcハーフスリーブシャツ」

今回のラウンドで着用したシャツもご紹介します。着用したのはデサントゴルフ「g-arcハーフスリーブシャツ」です。REON POCKETシリーズの為に開発されたウェアです。まず生地のストレッチ性が抜群でストレスを感じる事なくスイングできます。肌触りもしっとりとして、柔らかく速乾性も良かったです。

脇の部分は通気性の良いメッシュ。

首元にポケットがあり、REON POCKET2の冷温部分が当たるように設計されています。

背面にはポケットがついていていて、REON POCKET2の吸気部分が出るようになっています。

デザインも白と黒のモノトーンで、シックな印象です。シルエットもスッキリとしていて、着ているとゴルフが上手い人に見えそう(※個人的な感想です)。

普段の生活で活躍します!

REON POCKET2はゴルフ専用のために開発された訳ではないので、普段の生活でもその性能を試してみました。

専用ネックバンド

まずこちらはREON POCKET2を収納できる専用のネックバンド。これがあれば専用インナーの代わりになります。

このように冷温部分が肌に接触できるようにネックバンドのホルダー部分の一部が空いています。

ホルダーにREON POCKET2を載せてツメの部分がカチッとはまるまでしっかりと押し込みます。

これでOKです。そして首元に装着。

どうでしょうか。こちらREON POCKET2を装着した状態でデスクに向かってみました。全く気付かれないほどだと思います。オフィスの空調が効き過ぎて寒かったり、あまり効かずに暑かったりしたりする時がありますよね。我がオフィスもまさにそのような環境なので時には暑かったり、寒かったりで、体温調整が忙しいです。そこで冷却機能のオン・オフを自分で設定した間隔で繰り返しできるMY MODEを試しました。ずっと冷却されていると寒いくらいですが、適時停止になるので温度調整がちょうど良かったですよ。

さらにちょっと空調が効き過ぎの時にWARMモードを使ってみました。じんわりと首を中心に体が温まり「ホッ」とします。そして何より首周辺が温まったことにより肩凝りが少し楽になったのが、嬉しい発見でした。また、通勤時にも使用してみたのですが、襟付きのシャツだと見た目には全くわかりません。COOLモードでは吸気・排気のためのファンの音がしますが、WARMモードは全くの無音。

ゴルフ以外にもウォーキングなど軽めの運動や普段の通勤時に使えるので、これからの季節に少しでも快適に過ごしたい方はぜひチェックしてください。

※REON POCKET2は防水仕様ではありませんのでご注意ください。激しい発汗を伴う作業や運動や、雨や雪などが本体にかかる状況ではお控えください。

※REON POCKET2は熱中症対策として使用するものではありません。ラウンド中はしっかりと水分を取り、体調に気をつけてください。

〒290-0217 千葉県市原市松崎281-1 TEL 0436(36)1155(コース予約)

ベントグリーンの他、日本ではあまりないバミューダグリーンもあるのが特徴です。メンテナンスの行き届いた3コース(Aコース、Bコース、Cコース)・27ホールは、池や自然の地形を活かしたダイナミックな設計で戦略的に楽しめます。

\ この記事の感想を教えてください /