ゴルフ初心者必読!ゴルフ経験・知識ゼロの23歳初心者が谷将貴ゴルフアカデミーへ入門!?基礎から学ぶゴルフレッスン 番外編#9.2

TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21でのレッスンから早1ヶ月。前回はシミュレーターでのコースデビューが決まり、ちょうどいい機会!ということでゴルフグローブとシューズを買っちゃいました!まだまだ先は長いけどこれは先行投資だと考え、気合を入れてこれからも頑張っていきたいと思います。

さて今回のシミュレーターでの仮コースデビュー。まだ7番アイアンにドライバーを少ししかレッスンしていない湯浅ですが、木村コーチ、垣花コーチにスイングの形だけは次第点をもらっております。ドライバーのレッスンで習ったようにベースができていれば、後はクラブの違いと特徴を抑えるだけ…と教わったので、ウェッジ・パターは今の実力でなんとかしてみたい!そんな思いからコースデビューをお願いしました。さすがにゴルフ場は無理だけど、シミュレーターなら、使ってやってごらん?ということで、本日は仮コースデビューになります。レッスンではないので、コーチは登場しません…。登場しませんがどうか、湯浅の“期待通り”なコースデビュー、、、温かい目でご覧ください!

まずはコース模擬体験に向けて準備

シューズ

前回購入したこちらのシューズ。詳しくは別記事で紹介していますが、準備がてらご紹介!
「アディダスゴルフ ゴルフシューズ コードカオス ボアロウ メンズ」
価格:税込18,000円
色:ホワイト/コアブラック/シグナルグリーン/グレー 計4色

湯浅が購入し色はホワイト。アマゾンではこちらのシューズがメンズゴルフシューズカテゴリーでなんと!“ベストセラー1位”(※作者が調べた時点での順位です。)一番売れているゴルフシューズになっていました。ダイヤル式の「BOA」やクッション性のある中敷きの「BOOST」、そして、地面をしっかりと掴む不規則な凹凸のソールが特徴のシューズ。これはアマゾンの人気もうなづける。私は18,000円で購入しましたが現在アマゾンでのお値段なんと14,990円。おい。安くなってるじゃねぇか。アマゾンだから安いのかと思いきや、購入3日後、買った店舗から広告が…。「人気シューズがなんと!…」嫌な予感で見てみると、店頭でも値下がり。ちぃっきしょーー!!と思った湯浅でした。

グローブ

次はグローブを着用。
「プーマ 3D リブート グローブ メンズ」
価格:1,089円
色:ブラックホワイト/ブラック/ホワイト/ホワイトレッド 計4色

購入したグローブの色はホワイトレッド。写真の手のひらに見える網目状の部分はグリップが強く当たるところで、破れないようにこのようになっているのだとか。値段は大体800円〜1800円の価格帯。まあ。自分が買ったのも1,089円だし、そのくらいが妥当かなとこちらは納得。ですがどちらもとても良い買い物をしたと思っています!

商品についてはこちらで詳しく説明しています↓↓↓

コース模擬体験で使用するクラブ

今回のコース体験で使うクラブは【ドライバー・7番アイアン・ピッチングウェッジ(PW)・アプローチウェッジ(AW)・パター】の5種類です。(写真には4種類しか写っていません!すいません汗)谷コーチの動画でこの5本打てればコースデビューしていいよと紹介しているので、初心者の方はまずこの5本を身につけてから、コースデビューしてみてはいかがでしょうか?

参考動画はこちら↓↓↓
【ゴルフ初心者向け】コースデビューの目安。どのくらい打てたらゴルフ場に出てもいいの?

シミュレーション開始!

今回もTANI MASAKI GOLF ACADEMY 21の一室を借りて、シミュレーションさせていただきます!TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21ではコース体験も可能で、上の写真のように実際に日本にあるゴルフコースがリアルに体験ができます。今回は初めにコーチに教えてもらった、栃木県に実際にある「ロペ倶楽部」というゴルフ場。ググってみると「ロペ倶楽部」はサンドウェッジの考案者ジーン・サラゼン監修のもと作られたそうで、なだらかな丘陵地に展開しており、開放感に満ち溢れ、戦略的なゲームができるコースになっているのだとか。とりあえず調べただけではわからなかったので、実際に体験してみます!

1ホール目。パー5、カップまでの距離は431yd。まずは1球目、最近レッスンしたばかりのドライバーを手にコースにチャレンジしていきます。

コースデビュー記念すべき1球目。

ブンッ!カコーン!
いい音で弾き出されたボールはギュイーーーーーーーーーン ・・・と右方向へ

大きく右方向に曲がるどスライスな球。どこだここ?別のホールに行っちゃったのか?と思うような場所へ。これがゴルフ経験者の語る1打目OBか!!

よーし!!次こそはなんとかするぞ!と意気込んでのスイング。

ブンッ!コツンッ!!ボテボテ。

意気込んだスイングは結果85yd(がっくし)。湯浅は1打目のミスをなんとか取り返そうと力が入り、グリップを強く握ったスイングになっていました。グリップは初めてあった女性と握手するように…。確か垣花コーチから聞いたのを思い出します。ドライバーで85ydとは…。まぁOBじゃないから、やり直しでなかっただけよしとしよう。よしっ!次!次!

お次は7番アイアンのショット。今までこの相棒とも呼べるクラブで数多の練習してきました…。こいつだけはちゃんと打たねば!

しかし蓋を開けてみると普段140ydは飛ぶはずの7番アイアンも飛距離124.2yd。おまけに左側に外れてしまうことに。あらら?なんか今回は絶不調。頭の中でドライバーとアイアンの切り替えが うまくできていないんでしょうか。これで次第点をもらったとはだれにも言えない状態に…。

4打目は距離があるので、引き続き相棒の7番アイアンで打つことに。相棒よ。お前だけは俺の味方だよな…

・ ・ ・ボスッ。オーマイガー!!ボールはバンカーへ一直線。カップまで開けたところからのショットを派手にスライス。そしてこの結果。長く接してきたアイアンもここではぼろぼろ。相棒よ…と天を仰いでる湯浅。シミュレーターなのでゲーム感覚かと思いきや、超絶リアル。自分はここまでへたくそなのだとリアルに痛感しました…。

お次はバンカーショット。シミュレーターなので、ゴルフ場のように砂はなく、実際よりは“多分”簡単です。とりあえずバンカーはウェッジと聞いたことがあったのでアプローチウェッジを手にしました。ウェッジは初めての分野。しかし以前の木村コーチのレッスンを思い出します。アプローチウェッジは7番アイアンよりも短い。ドライバーの逆と考えると前傾が深くなるし、ボールとの距離が縮まるし…まぁやってみよう!ととりあえずやってみることに。

結果はラフでした笑(ラフだけに)…。このショットまでに数回空振りしております。やはり理屈は分かっていても初めてだとクラブの長さに慣れず右方向に。ボールが落ちた先は林の中になってしまいました。カップの方向には木々があり、この間を抜けられる可能性は低い。左側は木はなく、バンカーの位置からも外れているため安心してフェアウェイに出せそう。

ここは流石に安全策かと思いきや!?

完全に木々の間を狙っている湯浅!まともなショットがひとつもないのに、どうにか今までのミスを取り返そうと、この時は我を忘れていました。実は下で紹介する記事で谷コーチが「ゴルフが下手な人は、闘争心の出し方が下手だ」と言っているのを知っています。この時はそれすらも忘れ、完全に下手な闘争心の出し方をしています。

ゴルフ下手な人の共通点について「ゴルフが下手な人の共通点とゴルフが上手い人の共通点を徹底解説!ゴルフが下手な人は、これを見れば全て納得」で谷コーチが詳しく解説していますのでこちらもご覧ください!

そして打ったボールはこれまた予想通り木に当たり、林からは全く抜けられず、むしろ悪化してしまう結果に。結局安全策で林から脱出し、その後100yd近くまで寄せることができたので、紹介した動画の通りピッチングウェッジを手にします。

数回空振りし、やっとの思いで当たったボールは飛距離49.2yd。ピッチングウェッジでは100ydを打てるようにと、動画で学んだものの半分しか飛びませんでした…。これだったら7番アイアンでもよかった…。まともなあたりではなかったものの、あと残り半分。これならなんとかグリーンに届くか??と次の打球。

思ったより弱々しく、ボールの飛距離は39.5yd。同じくらいの力で打ったつもりが意外に力加減が難しく…。この後もウェッジのコントロールに苦戦し、グリーン周りを行ったり来たり。100yd以内のショットは上手い人ほど練習していると聞きましたが身をもってその理由を知りました。

ようやくボールがグリーンに乗り、カップまで残り14ydでこちらも今回初めて使う「パター」。

パターのスイングは全くの未知数。ウェッジはまだ7番アイアンと少し比較できますが、グリップの太さも、ヘッドの形も全く違うクラブ。人によって持ち方やアドレスも違うと風の噂で聞いたことがあるような?とりあえず今まで通りの持ち方で、だらんとしたところにグリップが来るようアドレスをとってみます。残り14yd、ゲートボールはやったことがあるので、この距離は転がすには結構遠いと思った湯浅は少し強めに打ってみることにしました。

その結果12.7yd。おっ!あとほんの少しじゃん!!と思ったのも束の間、飛距離の下には「GIVE UP」の文字が。えぇっ!?ギブアップ!?orz……。こちらのシミュレーションでは打数に制限があり、規定打数の倍を超えるとギブアップになります。もうちょっとだったのに…。悲しい悲しすぎる。もう一回だ!もう一回!次こそは!絶対に!…その後、2ホール行いましたが、結果は全てギブアップ。なんとも思い出に残る仮コースデビューでした。

今回3ホールにかかった時間は約30分。その間ほとんどボールを打っていたわけですが、グローブのおかげで手の負担がかかる部分は全く痛くならず。またシューズはクッション性のあるインソールのおかげか、特に足が疲れることもなく、とても快適にコース体験ができました。ですが、一方で湯浅の心はぼろぼろに…高機能な商品も心までは保護してくれませんでした…。

使ってみて想像以上の商品でした!↓↓↓

ちなみにTANI MASAKI GOLF ACADEMY 21のコーチたちがシミュレーターを使って、3ホールのスコアを競うという動画。こちらを見てみるとなんと2人で約16分、一人当たり約8分でした。自分は30分かかっているので通常よりも12分も余計にかかっていることを目の当たりにしました。これはコースデビューはまだまだ遠いな…と思った湯浅でした。ちなみにこの動画ですが、とても面白く声出して笑ってしまったので、みなさんもぜひ見てみてください!

終わりに

今回はシミュレーターでコース体験をしてみました。初めてのコース模擬体験でわかったことは、もっとスイングの再現性を高めないといけないし、いくつかのクラブに慣れないとコースは“無謀”。まだまだコースという土俵に立っていい状態ではないということです。「ゴルフが下手な人の共通点とゴルフが上手い人の共通点を徹底解説!ゴルフが下手な人は、これを見れば全て納得」でも谷コーチはドライバーより100yd以内の小技の練習の方が必だと言っています。1ホール目以降は詳しく紹介できておりませんが、アプローチやパターでカップ周辺を行ったり来たりすることが何回も、何回もありました…。自分の飛ばしたい距離と、スイングするときの力加減が一致せず、強すぎたり、逆に弱すぎたり、ここでスコアが悪くなっていることもしばしば。これは谷コーチの金言通り、ドライバーよりウェッジからやるべきだったかも…。「神さまの言うとおり」ならぬ「谷コーチの言うとおり」。やはり谷コーチに言うとおりにしとけばよかったと後々後悔しております。また今回は基礎の7番アイアンもきちん当たらない状態だったので、しっかりと全てのクラブと基礎を固めてから、真のコースデビューでリベンジしたいと思います。

今回全体的にどのクラブでもダメダメだった湯浅ですが、次回は前回に引き続きドライバーのレッスンをしていきたいと思います。次回、ドライバーできちんとボールを捉えることはできるのか?ドライバーを完璧になるまでレッスン!…かと思いきやなかなか上手くならない湯浅にコーチが下した決断とは…。ぜひご覧ください。

次回

谷将貴ゴルフアカデミー21とは!?

\ この記事の感想を教えてください /