ゴルフ場と氷嚢

夏ってこんなに暑かったっけ。昔はもっと涼しかったのに。そんな声を耳にする今日この頃。確かに昔は30度と言ったら大ごとのようになっていたような気がしますが、今や40度近い気温を叩き出すこともある日本。そんな日本でゴルフを行うためには暑さ対策は必須事項になってきます。またこの暑さ対策がされているかいないかでゴルフ終わりの疲労度はかなり変わってきます。そこで今回は各ゴルフブランドおすすめの暑さ対策グッズをご紹介していきます。

暑さ対策グッズ:クーリングキャップ・ハット

暑さ対策としてかなり重要なキャップやハット。キャップやハットは普段、ボールから頭を守るなど安全のためのマナーとしてラウンド中は着用を勧められているものになりますが、夏には紫外線から頭皮を守ったり、頭に直接熱を当てないようにしたり、さまざまな用途があります。頭部に強い直射日光を浴びると日射病といって、頭痛やひどい場合には意識障害を起こすことになりかねません。そのような対策としてキャップやハットはとても便利です。こちらでは夏用の通気性を重視したものや、ひんやりとした素材で快適にゴルフをプレーできるキャップなどを紹介していきます。

タイトリスト ツアーオージーメッシュハット

こちらはつばの広いタイトリスト ツアーオージーメッシュハット。ツアーモデル仕様なので、正面にタイトリスト、両脇にフットジョイとPro V1のロゴが刺繍されています。そして背面にはタイトリストのワッペンが付いています。

フリーサイズですがあごと頭の周りにドローコードがありサイズを調節できるようになっています。普段大き目のサイズ(58cm)を被る私ですが、こちらのハットはさらに余裕がありました。夏場だったので、すこし余裕がある被り心地は風が通る様で快適でした。もちろんドローコードをしていたので、ゴルフ場の突風などで飛ばされる事もありません。

頭頂部の裏側にはポケットが付いていて、保冷剤などを入れることで直接頭を冷やすことができます。実際に入れてみて被るとヒンヤリとした冷気が降りてくる感じがしました。

つばがかなり広いので日焼け予防に大変効果的で、炎天下でもしっかりと顔や首が覆われていました。また、全体がメッシュなので蒸れる事なく快適にラウンドできます。

ちなみにこちらは真夏日に行われたイベントのスタッフとして一日中ゴルフ場を歩き回っていた時に試しました。

●素材:ポリエステル
●サイズ:フリー (56〜60cm)
●カラー:グレー、ブラック、ホワイト

タイトリスト フリーズテックメッシュキャップ

こちらはタイトリストのキャップタイプの帽子です。こちらも通気性の良いメッシュ素材で覆われており、発色の良いブルーを始め、落ち着いたグレーやレッドなど5色展開しています。このキャップもフリーサイズですが、後ろのマジックテープで調整が可能です。

このキャップの大きな特徴は帽子の内側。雪のような模様の部分にはフリーズテックを採用。水分によって体感温度を下げる生地となっており、ひんやりとした冷たさを感じることができます。実際に炎天下のゴルフ場でテストしてみると、約1時間半で乾いたので、何度か途中の茶店などで濡らしながらプレーすれば1日中使用できます。

●素材:ポリエステル、ポリウレタン
●サイズ:フリー (57〜59cm)
●カラー:ブルー、チャコール、グレー、ネイビー、レッド

テーラーメイド TB635 クーリングキャップ

こちらはテーラーメイドのクーリングキャップ。特徴としてはなんといってもこのかっこいいロゴ。立体的なグラフィックロゴを縦に配置しています。スタイリッシュなテーラーメイドならではデザインとも言えるかもしれません。

こちらの商品はキャップ内側、スベリの部分に保水することで冷たく感じられる素材を使用しています。蒸し暑くパラパラと雨の降る天気の中でのラウンドでしたが、中は蒸れることなく、プレーに集中できました。メッシュでも無く、雨なのに蒸れない、これとても快適です。

※こちらのキャップは別製品です。

ちなみにスベリとはキャップ内側のこの部分。この部分を保水させることで、キャップを被った時におでこなどを冷やしてくれます。またマジックテープも付いているのが簡単に調節ができます。

●素材:ポリエステル
●サイズ:フリー (57〜59cm)
●カラー:ホワイト、ネイビー、ネイビー

パーリーゲイツ 洗えるたためるメッシュキャップ

こちらは女性に人気の高いパーリーゲイツのクーリングキャップ。その名も「洗えるたためるメッシュキャップ」。キャップの前面に立体的なパーリーゲイツの文字があり、さらにつばやその他至る所にロゴが組み込まれています。独創性のある大海原をイメージしたおしゃれなデザインはパーリゲイツの「もっと気軽にもっと楽しくゴルフをしよう」のコンセプトにぴったり。これを被れば、注目を浴びること間違いなしです。

商品は500mlのペットボトルより一回り小さいくらいのケースに入っており、持ち運びも楽々。こちらのキャップは全体を濡らして使うタイプなので、ケースがあるのがとても便利。一緒にバックにしまって、他の物が濡れてしまうことを心配せずに済みます。

キャップは名前の通り、全体がメッシュ素材となっていて通気性は抜群。また軽いかぶり心地でゴルフのプレー中にもストレスを感じさせません

実際に使用してみるため、ゴルフ場の洗面所をお借りして、このように水で濡らしていきます。つばの部分も柔らかいので、濡らしても簡単に絞れます。またこちらのキャップは水分に反応する冷感素材を使用しているため、濡らして涼感を得られるだけでなく、ひんやりした感触も感じられます。水だけでなく、汗などにも反応して冷たくなるので暑さ対策におすすめのアイテムです。

使用感としては、水で濡らしてあっても軽いかぶり心地。スイングの邪魔になりません。むしろいつの間に風で飛んでいるんじゃないかというくらいでした。炎天下の中では1時間くらいで濡らしたキャップは乾いてきますので、都度濡らすといいかもしれません。また、濡れていても猛暑だと帽子が熱くなってきますが、数回振るとまた冷たくなるので、とても使い勝手がいい商品でした。

●素材:ポリエステル
●サイズ:フリー:高さ/11.5cm つば/7.7cm 頭周り/55.5cm
●デザイン:3パターン

暑さ対策グッズ:ネッククーラー

次にご紹介するのはネッククーラーです。首元には大きい血管があり、首を冷やすことによって効果的に体全体を冷やすことができるのでネッククーラーは暑さ対策としてとてもおすすめの商品となっています。こちらではそんな首元を冷やしたり、また紫外線から守ったりできる、夏におすすめの商品をご紹介します。

ジャックバニー ネッククーラー

こちらは保水力と吸水力に優れた大人気のジャックバニーのネッククーラー。ホワイト・イエロー・オレンジ・ネイビーの4色展開されています。大きなロゴがプリントされており、ゴルフ場で着けていると目立つ事は間違いなしです。実際にゴルフ場ではそんな商品あったのね!と声をかけられました。

サイドにもさりげなくジャックバニーのロゴが入っていて、おしゃれ。ポリエステル製なので着け心地もサラッと爽やかです。中には首に合うようにプラスチックの型が入っており、首からズレるのを抑えてくれます。ホールド感があるので、最初は少し気になりますが、着けているうちに慣れてきます。実際に自分もゴルフ場で着用しているといつの間にか、つけているのを忘れるくらいでした。

こちらの商品は少し水で濡らすと冷たく感じられる商品。しっかりとした保水力があるので首元にセットした時にヒンヤリとした冷感をもたらしてくれます。また、吸水性もあり、プレー中首元の汗を吸い取ってくれますし、その水分が蒸発する事でも爽やかに保ってくれます。またコンパクトなのでスイングする時に邪魔にならないのも嬉しいですね。炎天下の中のゴルフだと、大体1時間から2時間くらいで乾いてきてしまいますので、その都度濡らす必要はありますが、本当にひんやりきもちいい商品なので試してみてください!

●素材:ポリエステル
●サイズ:フリー:内周/31.5cm 幅/6.5cm
●カラー:ホワイト、イエロー、ネイビー、オレンジ

パーリーゲイツ UVカット ロングネックカバー

こちらはパリーゲイツの首元まで隠せるロングネックカバー。夏は暑さと同時に紫外線にも悩む季節なので、照り返しの強いゴルフ場では日焼け対策としておすすめの商品です。

吸水速乾性にも優れ、またサイドのメッシュ部分が通気性も確保してくれます。

こちらの商品は先ほど紹介した、パーリーゲイツの「洗えるたためるメッシュキャップ」と同様にケースがついており、また同じデザインが用意されています。商品自体はとても薄く、たたんでも皺になりにくいので小さく折って、ポケットなどちょっとしたところに入れておけるのも便利なポイントです。

着用してみるとこんな感じ。首の後ろにはドローコードがあり、こちらで調節が可能です。また、前の鼻に当たる部分にはマスクと同様ワイヤーが入っており、鼻の形にフィットさせることができるのでフェイスマスクとしても利用できます。ゴルフは以外にも場内を歩いて移動することが多いため、マスクだと蒸れたり、息苦しく感じたりしますが、このロングネックカバーは息苦しさを全く感じずにプレーすることができました。正直少しは蒸れるかなと思っていたのですが、肌への接地面も蒸れることなくプレーでき、また、口元(写真で押さえている部分)には飲食が可能なように間が空いているので、わざわざ外して再調整する必要もなく、とても便利な商品です。

●素材:ポリエステル
●サイズ:フリー
●デザイン:3パターン

タイトリスト クーリングタオル

こちらの商品はタイトリストのクーリングタオル。濡らすと表面温度が下がる機能がついているタオルで、暑い夏に汗も拭けて、冷たさも感じられての一石二鳥な商品です。

広げてみるとこのような感じ。正直このかっこいいデザインだけで、ちょっと欲しいなと思ってしまうくらいですが、やはり大事なのはその機能です。こちらの商品広げてみると意外にも薄く本当に冷たくなるのかと疑ってしまう程でした。自分の知っているクーリングタオルといえば、乾燥するとパリパリになり、濡らすと分厚く重い、絞るのもやっとな感じのものでした。

こちら実際に使ってみると「冷たっ!!」ってなるくらい、冷やしておいたビールくらいキンキンに冷えているように感じます。写真でもわかるかもしれませんが、顔がひきつるくらい。本当に冷たい

こちらは保水力もかなりあり、2時間半は濡れた状態を保っていました。濡れている状態であれば、このようにタオルを振るだけで冷たさが元に戻ります。大体30分くらい経つと自身の熱であったかくなってしまうので、時々振ってみるといいでしょう。

●素材:ナイロン、ポリエステル
●サイズ:100cm×30cm
●カラー:ネイビー、ブラック、オリーブ、ピンク、ホワイト

暑さ対策グッズ:氷嚢

氷嚢は夏のゴルフでは必須と言ってもいい暑さ対策アイテム。時に35度を超える日本の猛暑。炎天下の中で行うゴルフはかなりハードなスポーツになってきます。そこで休憩中、首元や脇の下などを効果的に冷やすことで、熱中症になる確率を最大限抑えることができます。こちらでは氷嚢についてご紹介していきます。

タイトリスト 氷嚢

こちらはタイトリストの氷嚢。パッケージにも書いてある通り、口がかなり大きく氷用のスコップで簡単に氷を入れることができます。氷を満タンに入れると顔が隠れるくらいの大きさになり、かなり大容量な氷嚢です。

こちらの氷嚢に氷を満タンに入れ、炎天下の中使ってみると、大体2時間半〜3時間くらいで氷が溶けきります。つまりゴルフでハーフラウンド終わるまでには溶け切らずに使うことができます

タイトリストのこちらの氷嚢はベルトがついており、怪我や痛みを感じる部分に当てておくことができます。ベルト部分にはタイトリストのロゴが入った、クッションがあるので、肌を痛めることなく使用することが可能。撮影時はかなり日焼けしていたので、日焼けのケアにも使えました。

そして最後の用途として、こちら。500mlくらいのペットボトルであればすっぽり入ってしまうほどの大きさなので、飲み物のクーラーケースとしても使うことができます。ポカリスエットで検証しましたが、ポカリスエットと氷嚢の半分の量の氷を入れてもフタがきちんと閉まりました。凍らせたペットボトルの飲み物を入れれば、中の氷も溶けにくくなって、使用時間が伸びるかもしれません。このように氷嚢は色々な使い方ができてとても便利です。

●素材:ポリスチレン、ポリエステル
●サイズ:直径22cm
●カラー:ネイビー、ブラック、オリーブ、ピンク、ホワイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。この溶けそうな程、暑い夏にはどれも必須と言っていいほど商品です。実際に使ってみて、その有用性がわかりました。こちらをご覧の皆様にもその使い心地や、快適さが伝わればいいなと思います。夏の本番はまだまだこれから。ぜひ、今のうちに夏ゴルフのための準備をしていきましょう!

\ この記事の感想を教えてください /