ソニー「WF-1000XM4」を徹底解説。ゴルフなどスポーツにおすすめ。一人の世界に没入する感覚をぜひ。

一人の世界に没入する感覚。当記事ではそんな感覚を味わえるイヤホン「WF-1000XM4」について解説する。

ゴルフは集中力に左右されるスポーツ。視覚や聴覚から入ってくる情報はその集中力を乱す原因になる。2021年6月25日に発売を迎えたソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM4」はゴルファーにとって最大限集中できる環境を作ってくれる

最大限集中できる環境とはどのようなものなのか、今回はこちらの商品をレビューを紹介していきたいと思う。

ソニー「WF-1000XM4」

ソニー「WF-1000XM4」は正式にはワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットという。カラーは2色展開でブラックとプラチナシルバーの2つ。外装は再生紙を利用した箱で、環境に配慮したパッケージになっている。

本体や充電ケースは表面につや消し加工が施されていて、再生紙で作られた外装と同じような見た目に。それでいて高級感が漂う洗練されたデザインだから見る人の目を惹く。

ちなみに充電ケースはワイヤレス充電可能

中身はこのような感じ

・「WF-1000XM4」本体
・充電ケース
・充電ケーブル USBType-C(TM)
・イヤーピース S・M・Lの各サイズ(Mは本体に付属)
・取扱説明書

ノイズキャンセリング

ソニー「WF-1000XM4」1番の魅力は搭載されたノイズキャンセリングの性能だろう。こちらの製品は周囲の雑音・騒音をマイクから拾い、それを打ち消す音を出すことにより雑音・騒音が聞こえにくくなる仕組みだ。

ソニーは電子情報技術産業協会(JEITA)基準で完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホンの市場では業界最高クラスとしている。

2019年発売以降、各メディアに取り上げられ人気ランキングでもTOP3に入る人気を誇っていた前機種「WF-1000XM3」。

後ほど比較するが、この前機種より肌感2倍くらいは性能がUPしているように感じる

今では100円均一でも1,000円でワイヤレスイヤホンが売っている時代。

音質なんてわからないからなんでもいいと思っている方もいるようだが、ぜひこの業界最高クラスのノイズキャンセリングを味わっていただきたい。

実際にオフィス近くの2車線道路で「WF-1000XM4」を付けて音楽を聴いてみた。

ちなみにプレイヤーはiPhone12で、音量は16段階まであり、今回は真ん中の8の音量で試してみた。

車通りの多い道路だが普通車の走行音は全くと言っていいほど聞こえない。

たまに大型のトラックが通る音、バスの乗降時に鳴る高い音が若干聞こえると言った具合だ。

音質とかではない。単に耳に入る雑音・騒音が少なく、聞きたい音楽がクリアに聞こえてくる

先ほど紹介したアプリ「Sony|Headphones Connect」。このアプリホーム画面はこのようになっている。

左右のイヤホンと充電ケースの充電残量、流している曲などが確認できる他、特に注目してほしいのが中央にある「アダプティブサウンドコントロール」という機能。

スマホの加速度センサーから止まっている状態・歩いている状態・走っている状態・乗り物に乗っている状態を検出し、自動であらかじめカスタマイズした最適なモードに切り替えてくれる

ノイズキャンセリングや外音取り込みモード、イコライザーの中から設定が可能だ。

業界最高クラスのノイズキャンセリングと言えども、電車の中ではさすがに少し走行音は聞こえてしまうが、アナウンスは聞き逃してしまう。いつの間にか乗り過ごしてしまうことがないように注意が必要かもしれない。

このイヤホンでは音楽を流さずにつけているだけでもノイズキャンセリングにより、うるさいセミの鳴き声がささやかな風のようになる

業界最高クラスというのもうなずける代物。コロナウイルスの影響もあり、店舗で試聴できるかはわからないが是非一度、体験だけでもしてみてほしい。

イヤーピース

これも前機種と大きく変わった点として挙げられる部分。ノイズキャンセリングの性能が良くても、イヤーピースの密着性がなければ、周りから雑音が入ってくることになりかねない。

今回「WF-1000XM4」で採用しているノイズアイソレーションイヤーピースはソニーが独自に開発したポリウレタンフォームという素材で作られている。

指で押してみるとクシャっとつぶれ、すぐに元に戻る。まるで低反発枕のような感じで、これが耳に入る時、同じようにクシャっとつぶれて、中に入ると元に戻り、耳の穴にフィットする。

遮音性や密閉性もあるが耳にしっかりはまる感覚、それでいて長時間つけていても耳が痛くならないのが良い点である。

風のノイズ低減

風ノイズの低減。これは今まで他のノイズキャンセリングイヤホンを使ってた人にとって、一番欲しかった機能かもしれない

前機種の「WF-1000XM3」ではノイズキャンセリングモードでは風の音をマイクが拾ってしまい、「ブォー」という音が聞こえていた。

しかし今回の「WF-1000XM4」はそうではない。風を検知すると自動的に上記の画像の赤丸部分のマイクがOFFになり一時的に外音を拾わなくする。

「それではノイズキャンセリングが機能しないのでは?」と勘の良い方は思うだろう。

しかし安心してほしい。上記画像の青丸部分。こちらもマイクになっている。通常時は二つのマイクで雑音・騒音を拾っているが、風を検知した時だけ外側のマイクがオフになる。

その分ノイズキャンセリングの性能は落ちるが、それでもノイズキャンセリングの機能を十分果たしてくれる。

急な風が吹く地下鉄のホームでも、ランニング中に風を切っているときでも重宝するだろう。

ハイレゾ音質対応とAIによる音質補正

ソニー初、ハイレゾ音質完全ワイヤレス。

「WF-1000XM4」ではLDACコーデック対応機器の場合、従来のBluetooth audioの約3倍程の情報量を伝送でき、ハイレゾ音源を高音質で聴くことができる。

簡単にいうと従来のワイヤレスイヤホンでは音楽を伝送する時、どうしても音質が悪くなってしまうがそれが少なくなるということだ。

LDACコーデックに対応している機器はスマホだとソニーの「Xperia」、シャープの「AQUOS」などが挙げられる。

またAIによる音質補正。「DSEE Extreme」というモードを搭載。ソニーが持っている膨大な楽曲データをAIが分析し、流している曲を高音質にアップグレードしてくれるというものだ。通常時よりも、より臨場感を感じさせてくれる。

※これらの機能を利用するには「Sony|Headphones Connect」のアプリをインストールする必要がある。

「WF-1000XM3」と「WF-1000XM4」の比較

先ほども言ったが、前機種の「WF-1000XM3」も相当な人気を誇るイヤホンだ。この記事を見ている人の中にも持っている人はいるだろう。そんな人たちのために、後継機の「WF-1000XM4」と比較をしてみた。

サイズ感

サイズは前機種から半分から3分の2程度の大きさに。

横の長さも1センチくらい小さくなっている。いままでは充電ケースが大きく、ポケットに入れられないという欠点もあったが、全体的にコンパクトになったため、持ち運びもしやすくなった。

本体自体も形が変わり以前より装着感・フィット性も良くなった。「WF-1000XM4」はコンパクトになったがコントロールパネルは大きくなり、操作性が増している。

ちなみにコントロールパネルでは音楽の一時停止/再生、次の曲・前の曲への変更、モードの変更、受話/終話ができたりする。

電池持続時間

「WF-1000XM4」の電池持続時間は本体が8時間、充電ケースが16時間の計24時間である。「WF-1000XM3」では本体が6時間、充電ケースが18時間であった。

本体の充電持続時間を伸ばすことができたため、充電ケースの持続時間を短くでき、コンパクトにできたというところだろうか。

ノイズキャンセリング性能

車通りの多い交差点で「WF-1000XM3」と「WF-1000XM4」のノイズキャンセリング利用時の音楽の聞こえ方を調べてみた。

車の騒音の中でどの音量から音楽が聞こえるようになるか
WF-1000XM3 2で聞こえるようになってきた。
WF-1000XM4 1で聞こえる。
  どの音量で車の騒音が聞こえなくなるか
WF-1000XM3 89でやっと気にならなくなった。
WF-1000XM4 5で騒音が気にならなくなった。

以上のような結果に。感覚では1.5〜2倍のイズキャンセリングの性能がアップしている。

ゴルフの練習に最適なイヤホン

さて今回「WF-1000XM4」を紹介をしたが、いかがだっただろうか。さまざま特徴・機能のあるワイヤレスイヤホンであったが、ゴルファーにはノイズキャンセリングが一番重要だろう。

最近では打ちっぱなし練習場でも、人がかなり多く、打球音はもちろん、話し声もたくさん聞こえてくる。

ノイズキャンセリング機能があれば、そんなものはさして気にならない。集中して一球一球を打つことができるのだ。

それとイヤーピース。実際に打ちっぱなしゴルフ練習場で「WF-1000XM4」をつけながら練習をしてみた。

もともとゴルフ自体あまり頭を動かさないようなスポーツなのだが、やはりスイングをしていると落ちやしないか不安になる。

だがこのイヤホンは付けた時にその不安がないことがわかるだろう。

きちんと自分に合ったイヤーピースをつけていれば、大きく頭を振ってもずれることはない。

実際にやってみたが、何も問題なかった。あくまで個人の感想だが、ここまでのつけ心地は今まで使ってきたイヤホンにはない。

イヤーピースも然り形状が変わったことも、装着感UPのポイントだろう。これでかなり快適にゴルフの練習が楽しめるだろう。

まとめ

今回はゴルフにおいて集中力を高める手段の一つとして、こちらの「WF-1000XM4」を紹介した。

個人の感想としてはこの上ない満足感だ。ゴルフにおいては最大限集中できる環境で練習ができ、家では優雅に高音質の音楽を聴ける。会社の通勤時には電車のアナウンスや風、話し声から音楽を守ってくれる。

イヤホンをつけた瞬間、音楽しかない空間。一人の世界に没入する感覚。気が向いたら試してみてほしい。

\ この記事の感想を教えてください /