【ゴルフ初心者必見】アイアンの打ち方解説!スイングの基礎と練習法とは?

当記事ではアイアンの基礎と練習法について紹介してきます。

アイアンはゴルフのプレイで使用頻度が多く、スコアにも大きな影響があるので、初心者がゴルフを上達するにはアイアンのスイングを身に付けることが重要となります。

上達するためにはボールを打つのではなく、基本をしっかり学ぶことが大事なので、基本を理解していない状態ではいつまでも上達しません。

自分に合ったグリップを見つける・基礎スキルを習得することが上達への近道となるので、アイアンを打つために基礎から見直す必要があります。

今回は、アインアンの打ち方についての他に、グリップや基礎スキルの習得について紹介していきます。

まずは自分に合ったグリップ(握り方)を見つけよう

アイアンを打つためにはまずフォームやグリップなど、基礎となるスキルを習得する必要があるため、アイアンの打ち方を紹介する前に基礎スキルについて触れていきます。

グリップは主に3つの握り方が挙げられますが、それぞれ異なる特徴を持っています。

クラブの握り方(グリップ)

・オーバーラッピング
・インターロッキング
・テンフィンガー

オーバーラッピング

オーバーラッピンググリップは最もオーソドックスな方法として知られており、左右均等に力配分が出来るので初心者でも安定したスイングが可能です。

インターロッキング

インターロッキンググリップを採用しているのは女性が多く、握力が低い方にオススメの握り方となっています。

このグリップは飛距離が出ないと言われていますが、インターロッキンググリップを採用してロングショットを放つ人は多いです。

テンフィンガー

ベースボールグリップとも言われているテンフィンガーグリップは、左右の指を絡めることなくすべての指で握るので力を込めやすい特徴があります。

両手でしっかりと握ることによって力強いショットを放てるので、飛距離が伸びるグリップとして少し非力な方に採用されています。

まずは、自分に合ったグリップを見つけることが重要です。

アイアンを打つための基礎スキルを習得する

アイアンを打つ前に初心者が注意する点が4つあり、「肩」・「腰」・「膝」・「肘」などが挙げられるので、これらを簡単に説明していきます。

まず、アドレスした時(クラブを構える)に右手のグリップが左手よりも下にあることによって、左肩が右肩と比較すると少し高い位置になるので、地面と両肩が平行となるように意識しましょう。

下半身の重心を左右均等に意識することで、自然に両肩が地面と平行の位置になります。

次に、腰と膝の曲げ方について触れていきます。

綺麗なフォームを作るには上半身だけではなく、股関節から上体を倒すことで体の傾きを抑えること出来ます。

ポイントは、お辞儀をするように股関節から上半身を倒すイメージです。膝の角度はゴルフでショットする際に大事な要素となり、飛距離・コントロール・フォームなど様々なことに影響があります。

膝を曲げる際のポイントは、両足のふとももに均等に力が入る状態が最適と言われています。

最後に肘の向きについてですが、アイアンを振る際には両肘を体側に向けることで脇が閉じるため、インパクトが強くなり飛距離が伸びます。

肘を外側に向けると腕に必要以上の力が加わるため、インパクトが弱くなりミスショットに繋がります。

アイアンの打ち方と動作について

アイアンのボールの位置はアドレスに入った際の、足幅の真ん中を中心としてショートアイアンでは少し右足寄り、ロングアイアンを使用する場合は少し左足寄りになります。

初心者はボールの位置が定まっていないことが多いので、練習を重ねて自分に合ったボールの位置を見つけましょう。

アイアンショットを安定させるためにはビジネスゾーン(時計の文字盤の8時の位置から4時の位置までの振り幅)の動作が重要となっており、動作を練習する際に使用するクラブは「7番アイアン」が推奨されています。

ビジネスゾーンの打ち方の練習方法は比較的容易であり、誰でも簡単に出来るので、継続的に練習を行うことで身に付きます。

まずは、アドレス時のアイアンを持った際に、両肩とアイアンを握っている手首までの空間が、三角形になるように意識してフォームを整えます。

スイング時に肘が曲がる程度は問題ありませんが、手首はある程度固定をして三角形を崩さずにキープしましょう。三角形を意識するあまり力を入れすぎる人が多くいますが、力を入れると筋肉が緊張するので、少しリラックスすることがポイントです。

次に、さきほど紹介した三角形のフォームを、前傾姿勢を保ちながら行いますが、前傾姿勢を保つことが出来ないとアイアンのフェース面が安定しません。

上体が起き上がることによってコントロールが低下するので、狙った方向にボールを打てなくなりミスショットを誘発してOBに繋がります。

上記でも紹介しましたが、ポイントはお辞儀をするように股関節から上体を倒すこととなっているので、意識して身に付ける必要があります。

最後に打ち方のコツについてですが、初めから大きくスイングすることを意識する必要はありません。

ボールを後ろから押し込むイメージでスイングをしますが、ショット時はしっかり弾道線をイメージすることが重要となります。

ショットする際に、現在のボールの位置より一個分先にボールがあるとイメージして打つことがポイントですが、あまり意識をするとフォームが崩れる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

アイアンは使用頻度が高いためスコアに大きく影響するので、重要度が高いと言えます。

また、アイアンは飛距離を伸ばす目的ではなく、正確な距離を打つためのクラブなので、他のクラブよりも精密な動作が求められるので、日々の練習が大事です。スイングを上達するコツは7番アイアンから練習を開始して、少しずつ長いクラブに変更をして練習することが効果的とされています。

また無理に練習をしても上達はしないので、自分に合ったペースで練習を続けましょう。

\ この記事の感想を教えてください /