【ゴルフ初心者必見】コースデビュー前知っておきたいラウンド中のマナー

ゴルフをプレーする際にコースの場所によってさまざまなマナーがあります。全て覚えるのは大変かもしれませんが、コースデビューの際は知っておかないと危険です。一歩間違えると事故につながるかもしれないので、きちんと確認しましょう。

ゴルフプレー時におけるマナー

「フォアー(ファー)」の掛け声

ゴルフでは掛け声があるのを皆さんご存じでしょうか。ゴルフ上級者の方で「フォアー(ファー)」という掛け声を知らない人はいないかもしれません。これは自分のショットしたボールが人のいる方へ飛んでしまった時に、危険を知らせるための行為になります。ゴルフはグループごとに順番でホールを回っていきます。同じホールで他のお客さんのグループに追いつく場合や他のホールの方にボールが飛んでしまうこともあり、その時にはボールが他のプレーヤーに当たる可能性は少なからず出てきますので、これは必ず覚えておきましょう。

ディボット跡やターフ跡のマナー

ティーイングエリアでありがちなクラブでのダフり(地面を打ってしまうこと)。特にショートホールのティーイングエリアには大きなディボット(削られた地面の跡)が残りますよね。初心者であってもディボットには目土(めつち:芝の上から土をかけること)をしてください。通常はティーイングエリア付近の砂置き場や、カートの後ろ側に砂袋が付いているのでそれを使います。目土は次の人が打ちやすい状態に戻す為ですが、自分の失敗は自分で綺麗にならしておきましょう。

後組のプレーヤーに恥ずかしい失敗の傷跡を見られないためにも必ず行いましょう。フェアウェイでもターフ(削られた芝の跡)を取ったりディボットを作ったりすることがあります。キャディさんがいれば目土をしてくれますが、セルフプレー時に砂袋を持って初心者がラウンドするのは難しいかもしれません。

カートに取りに戻るとスロープレーにつながりますので、フェアウェイで切り取ったターフやディボット跡は手足で修復するようにしましょう。できる限り打つ前の状態に戻しておくことが大切です。

※ディボットとターフは意味を分けて考えていますが、同じ意味を指す場合もあります。

バンカーでのマナー

コースにはゴルファーを多くのハザード(障害物)が待ち受けています。代表的なハザードのバンカーへは、入れたくなくても必ずつかまってしまいますよね。この厄介なバンカーにも守るべきマナーがあります。バンカーの中に入る時は土手の低いところから入ります。アゴの高い傾斜から入ると土手が崩れて斜面を壊してしまいます。また態勢を崩して怪我をするも事ありますので注意してください。

バンカーショット終了後は、ショット跡と自分の足跡をレーキで馴らして、打つ前の状態に戻してからバンカーから出ます。靴裏についた砂はクラブで叩いて落とし、なるべくコースやグリーンに砂を落とさないようにします。初心者の方はバンカーショットで頭が一杯かもしれませんが、バンカーでのマナーをルーティンとして身に付けましょう。

グリーンオンした時のマナー

ドライバーで250yd飛ばす一打もパットで決める短い一打も、同じ一打に変わりはありません。緊張と集中の度合いは短いパットの方が高くなるので、グリーン上のマナー違反は同伴者から厳しく注意されますので必ず覚えておきましょう。

グリーンは芝がデリケートなので走って芝を痛めるようなことは厳禁です。歩く時は他の人のラインを踏まないように気を付けて、また靴裏でグリーンを傷つけないように静かに歩きましょう。グリーンオンしたらボールの後ろにボールマーカーを置いてピックアップします。

プレーヤーによってはボールがあると集中できない人も少なくないので、ピックアップしたボールは自分が打つ前に置き直すのが正しいマナーです。ボールが落ちた時にできたボールマークはグリーンフォークで必ず直しましょう。自分のボールマークか分からなければ、近くのボールマークを直せば良いでしょう。

ボールマーカーが他プレーヤーのライン上にある時は、要請があればパターのヘッド分、左右どちらかに動かします。動かしたボールマーカーは自分がパットする時に元の位置に戻してパットしないとペナルティーになりますので注意してください。

パットでのマナー

パットの順番はホールまでの距離が遠い人から順にパットを打ちます。一番やってはいけないマナー違反は、パッティングの姿勢に入っているのにお喋りや物音をたてる事、またパットする人の真後ろや正面に立つことです。これはプレーヤーの集中力を切らしてしまい、入るパットも入らなくなるので最も注意が必要です。

パットの順番を待つ間はパッティング中のプレーヤーの視界に入らないところで待つようにしてください。ライン上に落ちる影もパッティングの妨げになりますので注意が必要です。立ち位置は打つ人から少し離れるか、グリーンエッジ近辺で待つようにすれば問題ないと思います。最近は旗を抜かずにパットする事が定着してきましたが、旗をぬいたらできるだけグリーンの外側に置きましょう。

グリーン上に置く時は、静かに寝かすように置いてください。カップ周りはデリケートなので、ボールを拾い上げる時はカップのフチを踏まないように気を付けましょう。バーディーパットを決めたとしても、飛び跳ねたりするなどオーバーなアクションは禁物です。その場で軽くガッツポーズくらいに留めましょう。プロの世界ではパットイズマネーと呼ばれるほど、パットはシビアな一打なので、くれぐれもマナー違反には注意してください。

スロープレーについて

スロープレーとはボールを打つ前に念入りに素振りをしたり、2打目以降のボールの場所に歩いて向かうなどして次に控える方に迷惑をかける行為のことです。私たちのプレーの前後で、多くの方がゴルフを楽しんでいます。このときにスロープレーをしていると後の組に迷惑がかかります。一人一人がプレーファーストで、前の組との差を開けないようにプレーしましょう。

基本のルール・マナー・スイングなど まとめはこちら↓↓↓