【ゴルフ初心者必見】初めてゴルフをやる前に覚えておきたいルールとスコアについて

ゴルフの基本ルール

ゴルフは全18ホールを少ない打数でカップに入れられるかを競うスポーツです。最終的にゴルフスコアが少ない人の勝利となります。コース内には規定打数があり、規定打数よりも少ない打数でカップインが出来れば勝利に近づけるようになっています。ちなみに全ホール18ホールで規定打数を全て合わせるとスコアは基本72前後になり、プロのゴルフ中継などではこの72を基準に「ー」または「+」でスコアが表記されています。

例)規定打数のスコアが72で、選手スコアが70の場合「ー2」と表記されます。

スコアに関する基礎知識

スコアを計算する上で絶対に知っておかなければならない内容について解説していきます。特にスコアについては決まった呼び方で呼ぶことが多いので、しっかり押さえておきましょう。

規定打数について

ゴルフ場は全部で18ホールあり、各ホールは「パー」と呼ばれる「規定打数」が定められています。ゴルフコースにはパー3、パー4、パー5があり、最も一般的な全18ホールの内訳は以下のとおりです。

・パー3:4ホール(アウトコース:2ホール、インコース:2ホール)
・パー4:10ホール(アウトコース:5ホール、インコース:5ホール)
・パー5:4ホール(アウトコース:2ホール、インコース:2ホール)

全てのホール規定打数で上がると、「72」になります。(コースによってはショートホールが少なかったり、ロングホールが少なかったりしてパー71や70などもあります)

※ラウンド1〜9番(午前に回るコース)をアウトコースと呼び、ラウンド10〜18番(午後に回るコース)をインコースと呼びます。

スコアの呼び方

規定打数のパーを基準として、規定打数のプラスマイナスによって表1のような呼び方をします。

パー3での6打やパー4での8打、パー5での10打は、規定打数の2倍打ってるのでダブルパーと呼ぶこともあります。

表1(スコアの呼び方)

スコア 打数 呼び方
パー3 パー4 パー5
-3 1 2 ダブルイーグル(アルバトロス)
-2 1 2 3 イーグル
-1 2 3 4 バーディ
±0 3 4 5 パー
+1 4 5 6 ボギー
+2 5 6 7 ダブルボギー
+3 6 7 8 トリプルボギー

代表的なペナルティの罰打を覚えよう

定められたルールに反した行為があった場合、その行為に対して与えられる罰則(打数に加算)をペナルティといいます。

プレー中によく発生するペナルティは、

・OB
・空振り
・池(ペナルティエリア)

があります。最低限この3つのペナルティの罰打は必ず覚えておきましょう。

OB/1打罰

OBは、Out of Bounds(境界の外側)の略で、通常白い杭で区画されています。

白杭よりも外側に打ってしまうと、

・打ち直し(1打罰) もしくは
・前方特設ティーからプレー(1打目でOBした場合)

のどちらかを選択しなければなりません。打ち直しを選択した場合(2打目以降は打ち直ししかありません)は、1打目OBであれば3打目、2打目OBであれば4打目からプレー再開となります。

プレーファーストを目的として多くのゴルフ場では前方特設ティーを設けています。前方特設ティーよりパー4、パー5では4打目から、パー3では3打目(4打目とするゴルフ場もあります)からプレーを再開することができます。

空振り/打罰なし

初心者だと空振りしてしまう方も多く、安心された方も多いのではないでしょうか?しかし、気をつけなければならない点もあります。それは、空振り自体が1打としてカウントされるということです。

従って、1打目空振りの場合は2打目から、2打目空振りの場合は3打目から打たなければなりません。

池/1打罰(プレー続行可能な場合は無罰でプレー継続)

池などはペナルティエリアと呼ばれ、赤杭や黄色杭で表示されています。(水の有無は関係ありません)また、杭内にボールがあってもプレー可能な場合は、無罰でそのままプレーすることができます。

ペナルティエリアに入ってしまった場合は、救済措置により新たにボールを置く位置を決定します。

回避できるペナルティを覚えておこう

OBや池などは避けようと思っても中々難しいですが、覚えておくだけで実力に関係なく回避できるペナルティもあるので必ず覚えておきましょう!

打つ前にバンカーにクラブが触れる/2打罰

アドレス時や練習スイングなどでバンカーにクラブが触れてしまうと2打罰となってしまいますので気をつけてくださいね。

素振りがボールに当たる/1打罰

素振りで意図せずボールに当たってしまった場合、1打罰となってしまいます。その際は必ずボールを元の位置に戻してからプレーを再開する必要があります。素振りをする際はボールと十分に距離をとって行いましょう。

枯れ葉などを取ろうとしてボールを動かす/1打罰

打つ際に邪魔になる枯れ葉などの自然物を除去する行為は無罰ですが、その行為によりボールを動かしてしまうと1打罰になります。自然物を除去する際は、なるべく無理しないようにしましょう。

グリーンでマークせずにボールを拾う/1打罰

グリーンでマークせずにボールを拾ってしまうと1打罰になります。グリーン上でのペナルティも非常に多いため、他のペナルティについても知りたい場合はこちらの記事で解説していますのでぜひ参照してください。

さいごに

ゴルフスコアの計算方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?ペナルティは非常にたくさんあり全てを覚えることは難しいため、代表的なペナルティの打数についてはしっかり把握しておきましょう!

基本のルール・マナー・スイングなど まとめはこちら↓↓↓