【ゴルフ初心者必見】バンカーでのルール・マナーについて解説!

ゴルフを始めたばかりの方で、「バンカーについて詳しく知りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?この内容さえしっかり押さえておけば、同伴者に迷惑をかけることなくボールがバンカーに入ってもスムースにプレーすることができます!また、ある程度ゴルフ歴のある人でも意外と知らないルールについても解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

バンカーのルールについて

バンカーは、1日ラウンドして1回もボールが入らなかったなんてこともありますよね。だからこそ、バンカーのルールをしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか?バンカーが苦手なアマチュアは多いと思うので、バンカーのルールをしっかり把握して、柔軟な対応がとれるようにしておきましょう!

自然物の除去(小石、木の葉など)

ゴルフは自然の中で行うスポーツなので、小石や葉っぱなどがボールを打つ際に邪魔になるときがあります。そのような場合には、小石などの自然物を無罰で取り除くことができます!2019年のルール改正によって、バンカー内の自然物(ルースインペディメント)を無罰で除去できるようになりました。ただし、その自然物を取り除いたことが原因でボールが動いてしまった場合は、1打罰となるので注意が必要です。

従って、スイング時に邪魔になる自然物は、ボールが動くことの無い範囲で取り除くようにしましょう。

バンカーでの砂との接触について

バンカー内では、砂に触れたことで罰を受ける場合と受けない場合があります。罰を受ける場合は、2打罰となってしまうためしっかり理解しておきましょう。

罰を受ける場合

・砂の情報を知るために手やクラブなどで故意に砂に触れる。
・ボールの直前、直後の区域に触れる(自然物を除去する場合を除く)
・練習スイングをする際に触れる。
・本番スイングであってもバックスイング時に触れる。

罰を受けない場合

・スイングのスタンスを取るために足を砂に潜り込ませる。
・コース保護のためにバンカーをならす。
・転倒を防いだりバランスを保つために持っていたクラブが砂に触れる。
・クラブ、用具などをバンカーに置く。
・規則に基づいて、何かしらの行動をする(計測、マーク、拾い上げる、リプレースなど)。
・イライラして砂を叩く。

イライラして砂を叩くこと自体に罰はありませんが、ストロークや他の物理的状態に影響を与えてしまうと2打罰です。マナー的に良くないので、イライラしても砂を叩かないようにしましょう。罰を受ける場合の「ボールの直前、直後の区域に触れる」とは、例えばアドレス時にボールの直前の砂に触れてしまうといったことが挙げられます。

「自然物の除去で合理的に砂に触れる分には問題ないが、練習、本番共にアドレスやバックスイングで砂に触れてしまうと2打罰になる」と覚えておきましょう!

バンカーでの救済措置について

バンカーに入ったボールは全てその場から打たなければいけないと思っている方も多いのではないでしょうか?実は、1~2打罰でバンカー内もしくはバンカー外にもボールを救済することができます。こちらも2019年のルール改正で変わったポイントです。

出典:日本ゴルフ協会 http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rules.html

パターン1 元の場所から打ち直し(1打罰)

ボールをバンカーから回収し、元の位置に戻って1打罰で打ち直すことができます。元の位置にもよりますが、バンカーが苦手な人に最もオススメな救済方法です。パターン4も同じようにバンカー外から打てますが、グリーン周りのバンカーに入ってしまった場合は、パターン4ではバンカー超えの非常に難しいアプローチになってしまうからです。

どの位置からバンカーに入れてしまったかも踏まえて判断するようにしましょう。

パターン2 ボールとピンを結んだ線の後方線上に1クラブレングスで救済(1打罰)

基準点からピン方向へ近づくことができないので注意しましょう。1クラブ分ボールを動かせばアゴが低い方から打ち出せたり、目の前のアゴが高くて少し距離を取りたい場合などにオススメです。しかし、1打罰でボールを動かす割に大きく状況が変わるとも言い切れないので、ピン方向以外の方向へ脱出させるパターンなども検討し、総合的に考慮した上で判断したほうが良いでしょう。

パターン3 ボールの位置からバンカー内で2クラブレングス以内で救済(1打罰)

パターン3においても基準点からピン方向へ近づくことはできないので注意しましょう。パターン2とパターン3の違いは1クラブレングスか、2クラブレングスかの違いです。パターン3はラテラル救済とよばれ、厳密にはパターン2とパターン3は救済の種類が異なります。

従って、1クラブレングスでは状況があまり変わらない場合にパターン3のラテラル救済を使えると覚えておきましょう。

パターン4 ボールとピンを結んだ線の後方線上のバンカー外に救済(2打罰)

バンカーが苦手な人にとっては非常にありがたい救済方法ですね!しかし、何でもかんでも④の救済方法を選択するのはオススメしません。理由は、2打罰が非常に大きいということもありますが、ピン位置がバンカーを超えてすぐのところにある場合は非常に難しいアプローチになってしまうからです。

一方でピン位置がバンカーを超えて奥にある場合はアプローチの難易度が下がるため、パターン④の選択も大いにアリだと思います!

さいごに

ゴルフのバンカーについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?各エリアで注意すべきマナーや細かいルールもあるので、他のエリアについて詳しく解説している記事もあわせてご確認ください!

基本のルール・マナー・スイングなど まとめはこちら↓↓↓