【ゴルフ初心者必見】ペナルティエリアでのルール・マナーについて解説!

ゴルフを始めたばかりの方で、「ペナルティエリアってどういうところ?」と思っている方も多いのではないでしょうか?この記事はペナルティエリアでのルールやペナルティエリアでの打数の数え方をご紹介します。この内容さえしっかり押さえておけば、同伴者に迷惑をかけることなくペナルティエリアにボールが入ってもスムースにプレーすることができます!

ペナルティエリアとは

ボールを紛失したり、プレー不可能となったりすることが多い水域や、委員会が定めたエリアをペナルティエリアといいます。具体的には、池、溝、排水路などの水域や崖、ブッシュ、森、岩場などがあります。ペナルティエリアはイエローペナルティエリアとレッドペナルティエリアがあります。それぞれ黄色杭と赤杭で区画され、水の有無は関係ありません。

ペナルティエリアにボールが入ってしまった場合

・ペナルティエリアから、ボールをあるがままにプレーする(ソールして打ってもOK)
・プレー不可能と判断し、罰ありの救済を受ける(全て1打罰)
のどちらかを選択することができます。

すなわち、黄色杭や赤杭の内側であっても打てるようであればそのままプレーを続行し、打てないようであれば1打罰の救済を受け入れる必要があります。アマチュアの場合、1ラウンドに数回はペナルティエリアにボールが入ってしまうことがあります。さらに、杭の内側から打てるケースはあまり多くないため、黄色杭、赤杭それぞれの救済措置についてしっかり理解しておく必要があります。

以下にて、黄色杭と赤杭の救済措置について解説していきます!

赤杭の救済措置をメインに覚えよう!

ペナルティエリアには赤杭と黄色杭があってややこしいですが、「救済措置の数が異なる」とだけ覚えておけば良いでしょう。

それぞれの救済措置の選択肢は
・黄色杭・・・2つ
・赤杭・・・黄色杭の救済措置+1つ(=選択肢は3つ)
と覚えておきましょう。

しかし、いざ本番になったらどっちがどっちか混乱してしまいそうですよね。そこはご安心ください!なぜかというと、アマチュアがプレーする多くのゴルフ場では、ペナルティエリア=赤杭としている所が多いからです。初心者から上級者まで幅広いレベル層がいるアマチュアでは、赤杭と黄色杭が混在していると混乱してしまいそうですよね。

さらに、赤杭の方が救済措置の選択肢が多いため、アマチュアにとって優しく、プレーファーストにも効果があります。これらが要因で、多くのゴルフ場ではペナルティエリア=赤杭としている所が多いと推測します。また、赤杭のルールを覚える=黄色杭の救済措置も覚えることになるので、まずは赤杭の救済措置から押さえていきましょう!

赤杭の救済措置

赤杭の救済措置に次の3つがあります。

①元の位置から打ち直し(1打罰)
②ボールがペナルティエリアに入った地点とピンを結んだ後方線上の救済(1打罰)
③ボールがペナルティエリアに入った地点から2クラブレングス以内での救済(1打罰)

少しややこしいですが、混乱しないようしっかり整理しておきましょう。

図1 赤杭の救済措置について
出典:日本ゴルフ協会 http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rules.html

パターン1 元の位置から打ち直し(1打罰)

これは、バンカーの場合と同じ救済措置になります。元の位置と、他の救済場所の距離があまり変わらず、なおかつ元の位置からの方が打ちやすい場合にこの救済措置を選択することをオススメします。すなわち、チョロしたボールがペナルティエリアに入ってしまった時に選択することが多いです。

逆に、100ヤード以上先のペナルティエリアに入った場合などは、打ち直しの救済措置はあまりオススメしません。

パターン2 ボールがペナルティエリアに入った地点とピンを結んだ後方線上の救済(1打罰)

3つの救済措置のうち、選ぶ頻度が最も少ないのが②の選択肢です。理由は、図1のようにピンまである程度距離がある場合は①か③を選択するでしょうし、ピンに近かったとしても池越えのアプローチでピンに寄せるのは非常に難しいからです。特に後者の場合は、変に手元が緩んで再びペナルティエリアに入るリスクも大きくなります。

従って、①、③の救済措置でも厳しい場合の最終手段として利用することをオススメします。

パターン3 ボールがペナルティエリアに入った地点から2クラブレングス以内での救済(1打罰)

3つの救済措置のうち、選ぶ頻度が最も多いのが③の選択肢です。理由は、図1のような場面であれば足元の状況にもよりますが、③の選択肢が最も有利になるケースが多いからです。

しかし、ペナルティエリアがグリーンを横断するような場合(図2の黄色杭の救済措置要な場合)であれば、①や②を選択する可能性も十分考えられます。

黄色杭の救済措置

黄色杭の救済措置は、赤杭の救済措置における①と②に相当し、③の救済措置を選択することができません。従って、黄色杭ではボールがペナルティエリアに入った地点から2クラブレングス以内での救済は「できない」とだけ覚えておきましょう。ややこしいですが、重要なポイントなので赤杭と混同しないように気をつけましょう!

図2 黄色杭の救済措置について

出典:日本ゴルフ協会 http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rules.html

さいごに

ゴルフのペナルティエリアについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?各エリアで注意すべきマナーや細かいルールもあるので、他のエリアについて詳しく解説している記事もあわせてご確認ください!

基本のルール・マナー・スイングなど まとめはこちら↓↓↓